『Paradox Live』梶原岳人、村瀬歩、96猫のBAE フルMV解禁!「鳥肌が止まらなかった」コメントも

掲載/更新 0
『Paradox Live』梶原岳人、村瀬歩、96猫のBAE フルMV解禁!「鳥肌が止まらなかった」コメントも
HIPHOPメディアミックスプロジェクト『Paradox Live』(パラライ)にて、BAEの楽曲「BaNG!!!」のミュージックビデオがフル尺で解禁♪ BAEのキャラクターを演じる梶原岳人さん、村瀬歩さん、96猫さんからのコメントも!
IMAGE
この度、HIPHOPメディアミックスプロジェクト『Paradox Live(パラドックスライブ)』にて、BAE(ベイ)が歌う楽曲「BaNG!!!」のミュージックビデオがYouTubeにてフル尺で解禁されました!
更に、BAEのキャラクターを演じる梶原岳人さん、村瀬歩さん、96猫さんからのコメントも到着♪

梶原岳人、村瀬歩、96猫による「BAE」フルMV解禁!

このたび解禁されたのは「次世代カリスマ3人組ユニット」BAEのミュージックビデオ
各チームの自己紹介をテーマに楽曲が制作された1st CD「Paradox Live Opening Show」に収録される「BaNG!!!」では、同じ国際系私立大学に通う3人組、HIPHOPオタクのロシア系クォーター・朱雀野アレン(すがさの あれん CV.梶原岳人さん、優しい笑顔のドS韓流イケメン御曹司・燕 夏準(よん はじゅん CV.村瀬 歩さん、そしてキャバ嬢として働く日英ハーフの男の娘、アン・フォークナー (CV.96猫さん) が息の合った歌唱を披露しています。

枠に囚われず自由に自己表現をする事を、ワールドワイドな生い立ちを持つ彼等の視点で描いた本楽曲を是非お聴きください。
海外在住経験のある梶原さん、村瀬さんが流暢な英語で魅せる掛け合いラップや、多様な声色を使い分ける96猫さんが歌うメロ部分も聴きどころのひとつです。
【MV】BAE / 「BaNG!!!」 -Paradox Live(パラライ)-
「BaNG!!!」 / BAE
作詞: MICRO 作曲:藤本和則 編曲: Kazunori Fujimoto


URL:https://youtu.be/i1aAMRqvbd0

「BAE」からのコメント到着!

【梶原岳人(朱雀野 アレン)コメント】
BAEとして歌った初めての楽曲だったのですが、初めてとは思えないほど3人の色が色濃くうまく混ざり合っていて、それだけでなくそれぞれの強い個性も「これでもか!」というほど感じることができて完成形を聴いた時は鳥肌が止まらなかったです(笑)
フル尺で聴いていただければわかると思いますが、全く飽きることのない構成でどこをとっても楽しんでもらえるようになっていると思います!
BAEのdopeな世界、ぜひ堪能してください。

【村瀬 歩(燕 夏準)コメント】
今回初めてHip-hopの曲に挑戦させていただいたのですが、喋りや、やってみないとわからないようなミームのようなものなど芝居にも通じる所が沢山あるなという印象でした。
丁寧にディレクションいただいた上に、楽曲もとてもかっこよく仕上がっているのでみなさんの元に届くのがとても楽しみです。

【96猫(アン・フォークナー)コメント】
BAEの男の娘キャバ嬢こと、アン・フォークナー役の96猫です。
今回歌わせて頂いた楽曲「BaNG!!!」は、BAEの自分を表現するかっこよさとそれぞれの個性が詰まったとても素敵な曲です!
歌い方もanZっぽく、男にも女にもなりすぎないように気をつけながら、どこかしらかっこいい色気を感じるように一生懸命歌わせて頂きました。
48、SUZAKUの息のあった掛け合いラップ部分が大好きです!
是非、何度も聞いて覚えてみなさんも口ずさんでください♪

1st CD「Paradox Live Opening Show」概要

【タイトル】
Paradox Live Opening Show

【アーティスト】
BAE×The Cat's Whiskers×cozmez×悪漢奴等

【発売日】
2020年2月12日(水)

【形態】
SG+CD

【価格】
3,000円(税抜)
品番:EYCA-12734~5

【収録曲】
[CD1]
①BaNG!!!/BAE
②MASTER OF MUSIC/The Cat’s Whiskers
③Where They At/cozmez
④BAD BOYZ -悪漢奴等 Underground-/悪漢奴等

[CD2]
①Voice Drama Part "BAE"
②Voice Drama Part "The Cat's Wiskers"
③Voice Drama Part "cozmez"
④Voice Drama Part "悪漢奴等"
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません