アニメの実写化、原作ファンの本音は?「話題性で配役を選ばないで」「改変は萎えます」

掲載/更新 0
アニメの実写化、原作ファンの本音は?「話題性で配役を選ばないで」「改変は萎えます」
ciatr(シアター)がアニメ・漫画の実写化についてWebアンケートを実施し、実写化が成功したと思う作品を調査。「実写化する際に気をつけてほしいこと」など、原作ファンの本音に迫ります。
IMAGE
国内最大級のエンタメ情報サービス「ciatr」を運営する株式会社vivianeは、アニメ・漫画が好きな全国10代〜50代の男女300名(有効回答数:300)を対象に2021年6月2日(水)〜2021年6月3日(木)まで、アニメ・漫画作品の実写化についてのWebアンケート調査を実施しました。

以前​ワンスクリーンが行ったアンケートによると、「次にハリウッドで実写化して欲しいアニメ・漫画作品」の1位は「なし」という結果に。実写化に対して厳しい声が多い中、ファンは実写化のどの部分に不安や不満を感じているのでしょうか。そしてどんな実写化なら、観てみたいと思っているのでしょうか。

そんな疑問に応え、ciatr編集部がアニメファンの男女300人に対して実写化に関するWebアンケートを実施。本記事では「アニメ・漫画を実写化する際に大事にして欲しいこと」の結果をご紹介します。

■『銀魂』を抑えた第1位は?実写化が成功したと思うアニメが発表『るろうに剣心』『カイジ』etc.
https://numan.tokyo/news/LYjro

アニメ・漫画を実写化する際に大事にして欲しいことは?

1位:ストーリーの忠実性 51.0%(153票)

回答理由:
「原作に忠実なほうが違和感なく見られる」(20代)
「ストーリーを改変することは別作品として形を変えるのと同義だから。」(20代)
原作を読み込んでいる場合、漫画やアニメのイメージ、原作を壊されるのはファンとしては受け入れ難い。」(30代)
「キャラクターは二次元と三次元の壁があり表現できないのは仕方ないと思うがストーリー改変は二次創作にみえて萎えてしまう」(30代)
せっかく素敵な原作があるので、それをあえて改造したりはしないで欲しい」(40代)

2位:キャラクターのビジュアル 46.3% (139票)

回答理由:
アニメや漫画は、キャラクターの魅力が大きいから。実際にビジュアルの再現度が高いと話題になった『銀魂』や、『約束のネバーランド』のママなどは、ビジュアルで納得したから。」(20代)
「ビジュアルにリアリティがないと漫画の世界観やストーリーが全く入ってこないので。」(30代)
「原作と比べてそっくりだ!!はまり役だ!!となってほしい。」(50代)
3位:3Dなどの演出 1.7%(5票)

回答理由:
「すぐに3Gとわかる演出だと急につまらなくなってしまいます」(30代)
「アクションの迫力が無かったり、映像に違和感があると残念に思います。アニメや漫画ででアクションや格闘シーンがあるものでは、臨場感があったり迫力があるのに、実写化する事で迫力が無くなることも多いです。」(30代)
「せっかく実写化するので、演出は大切」(30代)

4位:その他 1.0%(3票)

回答理由:
「ビジュアルを寄せすぎて不自然になるよりは、作品のテイストやキャラクター性がしっかりしていればそれが一番良いと思います。ストーリーについても実写にすることで漫画的表現が難しくなるのであれば、実写に適したように改変されるのはありだと思います。」(30代)
「原作のキャラを忠実に再現しつつ、役者の独特の表現力も出してほしい。」(40代)

分析

「アニメ・漫画を実写化する際に大事にして欲しいことは?」という質問に対し、51.0%が「ストーリーの忠実性」と回答しました。実写化成功作品の回答理由にも「原作に忠実だった」という意見が挙がっているように、大幅に設定を変更したオリジナルストーリーではなく、原作通りの物語を期待しているファンが多いことが分かります。

またアニメや漫画作品には多くの名言・名シーンが登場するので、それが設定の改変に伴いカットされてしまって作品の魅力が半減する、というケースもある様です。

次に多かった意見として、「キャラクターのビジュアル」が46.3%を占めるという結果になりました。特にキャラクター人気の高い作品では、誰が自分の“推し”を演じるのかに注目しているファンが多く、「話題性だけで配役を選ばないで欲しい」という意見も挙がりました。

総評

「ストーリーの忠実性」と「キャラクターのビジュアル」に重きを置いているファンが多い中、その両方で高評価を受けている『るろうに剣心』が第1位に選ばれたことは納得の結果と言えます。

今後アニメや漫画を実写化する際には、奇抜なアイデアやオリジナル要素ではなく、原作の魅力をどこまで再現できるかが成功の鍵になりそうです。
11 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません