佐藤流司、塩野瑛久ドラマ『Re:フォロワー』第6話あらすじ&場面写真をUP!

佐藤流司、塩野瑛久ドラマ『Re:フォロワー』第6話あらすじ&場面写真をUP!
西銘駿さんや塩野瑛久さん、そして佐藤流司さんや和田雅成さんらが出演するドラマ『Re:フォロワー』。その第6話あらすじと場面写真が到着! 
『仮面ライダーゴースト』の西銘駿さんと『獣電戦隊キョウリュウジャー』の塩野瑛久さんがダブル主演、さらに2.5次元界のトップランナーとして絶大な人気を誇る佐藤流司さん、舞台『刀剣乱舞』で人気急上昇中の和田雅成さんが競演!

「裏アカ男子」が悪を翻弄するSNSサスペンスが誕生! TVドラマには描かれなかったストーリーの舞台化も決定した壮大なドラマ・舞台連動企画が幕を開ける。

■公式サイト:https://www.asahi.co.jp/refollower/

第6話あらすじ&場面写真(全12枚)

「クレシダ」の活躍で新興宗教団体の倶利伽羅会は壊滅し、総帥の犬飼(和興)が重傷を負う。それが大きな話題になり、フォロワー増加の勢いはとまらない。

そんな「クレシダ」を追うジャーナリストの五島(谷口賢志)。倶利伽羅会の騒動の最中、現場にいた彼は、一十三から「あなただけは、これ以上は来ないで」と告げられる。だが、「クレシダ」と倶利伽羅会の関係についての原稿を執筆。そこに刑事の荻島賢哉(萩野崇)が訪ねてくる。荻島から「クレシダにかかわるな」と忠告された五島は…。

一方、五島に「クレシダ」の正体を問い詰める美奈(喜多乃愛)は、「もう一度、逢いたい」と話すが…。

優作(塩野瑛久)が出演する「ハムレット」の舞台を見に出かけた一十三(西銘駿)公人(佐藤流司)。舞台を見つめる一十三の心には母との楽しかった思い出がよみがえる。終演後、優作と話していた一十三が出会ったのは…!?

一方、公人から次の依頼者になるよう頼まれた友木(和田雅成)は、「クレシダ」に依頼のメッセージを送る。そこに秘められた目的とは? そして、そのタ-ゲットとなる人物とは…!?
18 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは