吉澤翼、加藤将の意気込みは?『テイルズ オブ ザ ステージ –光と影の正義–』稽古場公開レポート

掲載/更新 0
吉澤翼、加藤将の意気込みは?『テイルズ オブ ザ ステージ –光と影の正義–』稽古場公開レポート
2019年12月5日より天王洲銀河劇場にて公演予定の『テイルズ オブ ザ ステージ –光と影の正義–』の公開稽古が行われました。稽古場の様子、そしてユーリ役・吉澤翼さん&フレン役・加藤将さんの囲み取材の様子が公式レポートで到着です。
人気RPG『テイルズ オブ』シリーズの舞台化作品「テイルズ オブ ザ ステージ –光と影の正義–」が12月5日(木)より開幕予定。それに先立ち、11月21日(木)には、熱気に満ちた稽古が公開されました。
公式レポートをご紹介します。

公式稽古場レポート

俳優陣による芝居や殺陣、ダンス、アクロバットなどの演出を取り入れたエンターテインメントショーである本シリーズ。シリーズ第3作目となる本作は、シリーズ屈指の人気作「テイルズ オブ ヴェスペリア」を原作に、ユーリ・ローウェルとフレン・シーフォを主人公とした壮大な物語を描く。

広々とした稽古場に入ると、キャストたちはストレッチをしたり、筋トレをしたり、セリフを暗唱したりと、各々が稽古に向けた準備を行なっていた。立ち位置の確認を終えると、稽古がスタート。この日は、オープニングテーマソングの「鐘を鳴らして」、カプワノール・ラゴウ邸のシーン、帝都ザーフィアス・騎士団本部のシーン、ケーブモック大森林のシーンそして、帝都ザーフィアス・貴族街の泥棒追跡シーンの5シーンが公開された。
オープニングは、テーマソング「鐘を鳴らして」をバックに、キャストたちがダンスでそれぞれのキャラクターを紹介するナンバー。激しいダンスを一糸乱れずに踊る姿に、技術力の高さを感じられる。

続く、ラゴウ邸のシーンでは、町民を苦しめるラゴウ、そしてその真相を突き止めるために向かったユーリ・ローウェルたちによるアクロバットやダンスを混ぜながらのバトルが展開する。このアクロバットやダンスを取り入れながらの殺陣は、本シリーズの特徴であり、見どころの一つでもある。
一変して、騎士団本部のシーンではフレン・シーフォを中心とした芝居パートをじっくりと見せた。さらに、ケーブモック大森林のシーンでは、魔物に対峙するユーリたちが描かれる。アクロバットと殺陣で見せるド迫力のシーンだが、本番ではさらにプロジェクションマッピングも加わるそうで、どのような形に仕上がるのか期待も高まる

貴族街は、ユーリたちが泥棒を追跡する姿をダンスで見せるシーン。いずれも流れるようにダンスやアクロバット、殺陣が続き、迫力満点。一秒たりとも見逃せないステージとなりそうだ。

吉澤翼&加藤将による囲み取材

稽古後の囲み取材には、ユーリ・ローウェル役の吉澤翼フレン・シーフォ役の加藤将が出席した。吉澤は「ユーリとフレンの友情を描いた作品です。そして、ユーリもほかの登場人物たちもみんなが成長していく物語です」と本作を紹介すると、ユーリというキャラクターについては「困っている人を見捨てられない人で、自分よりも相手のことを考えるのが魅力的なキャラクター」と分析。
15 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません