『名探偵コナン』赤井秀一イメージの西陣織長財布が登場! 和装イラスト描き下ろし♪

掲載/更新 0
『名探偵コナン』赤井秀一イメージの西陣織長財布が登場! 和装イラスト描き下ろし♪
大人気アニメ『名探偵コナン』から、赤井秀一をイメージした西陣織長財布が発売決定です! パッケージは赤井の和装姿を描き下ろした特別仕様となっています♪
インペリアル・エンタープライズ株式会社は、大人気アニメ『名探偵コナン』と京都を代表する伝統織物「西陣織」の出会いから生まれた長財布の新商品、「京都×名探偵コナン 西陣織長財布【赤井秀一】」を、2020年8月12日(水)より、PREMICO オンラインショップにて発売しています。
冷静沈着な狙撃手のイメージを、京都の西陣織職人が粋な和柄で表現
『名探偵コナン』と京都の伝統工芸の出会いから生まれた西陣織の長財布に、赤井秀一をイメージした新モデルが登場しました。
本場京都の熟練職人による西陣織生地は、正絹を贅沢に用いた本格派で、漆黒の闇を背景に、今回のために特別にデザインされた「照準形変わり青海波」が、浅緋(うすあけ)・濃藍(こいあい)・松葉色、3色の糸で緻密に織り上げられました。
財布の前面には、金色に輝くライウイスキーの飾りボタンがあしらわれています。
さらにファスナーには、緋色の天然石と銀の弾丸(シルバーブレット)が揺れる根付が付属します。
12のカードポケットを含む合計19ポケットで機能性も抜群です。
和装姿の赤井の描き下ろしイラストを天面にデザインした、特製ボックスに収めてお届けします。

本場京都の熟練職人による西陣織生地は、正絹(絹100%)を用いて織られています。その生地を背面まで贅沢に使用しています。
黒背景に浅緋・濃藍・松葉色、3色の糸で緻密に織り上げた「照準形変わり青海波」は、標的に狙いを定めた狙撃手の視界さながら──。
金色に輝くライウイスキーの装飾、赤メノウの天然石と銀の弾丸(シルバーブレット)の根付がアクセントに。
12のカードポケットに、各2室のオープンポケットと小銭入れなど、収納力も豊富な計19ポケットを装備。
内装のカラーは、茜色(あかねいろ)で統一されています。
西陣織は、美しく染められた色糸を用いて、様々に高度な技法で文様を織り上げていく京都の伝統工芸です。
その歴史は平安時代にまでさかのぼります。今日も高級織物の代名詞として人気を集め、国の伝統的工芸品にも指定されています。
22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません