ツキプロ所属『VAZZROCK』から初のユニットソング発売! 3日連続インタビュー第2弾は山中真尋×白井悠介

ツキプロ所属『VAZZROCK』から初のユニットソング発売! 3日連続インタビュー第2弾は山中真尋×白井悠介
2.5次元の芸能プロダクション、ツキノ芸能プロダクションに所属する男子グループ"VAZZROCK(バズロック)"から、初のユニットCDが発売されます。発売を記念して3日連続キャストインタビューを公開。2回目は山中真尋さんと白井悠介さんが登場です!
IMAGE

以下、プレスリリースより


2.5次元の芸能プロダクション、ツキノ芸能プロダクションからデビューした個性と魅力がいっぱいの噂の男(原石)たち“VAZZY (ヴァジー)”と“ROCK DOWN(ロックダウン)”。そんな彼らが活躍する『VAZZROCK(バズロック)』が好評展開中です。

これまで、“bi-colorシリーズ①「眞宮孝明-amethyst-」”、“bi-colorシリーズ②「吉良鳳香-pearl-」”が発売され、4月27日には“bi-colorシリーズ③「築 二葉-topaz-」”が発売されます。各キャラクターのソロ曲や他キャラクターとの掛け合いドラマ、デュエット曲などキャラクター単体をフィーチャーしたbi-colorシリーズに続き、各ユニットにスポットをあてた“ユニットソング”シリーズがついにリリースされます。記念すべき第1弾は「VAZZY vol.1 -始動-」! 「VAZZY」のメンバーが全員登場し、日常ドラマとユニットソングを聞かせてくれます。

4月27日の発売を前に、本CDに出演するキャストのインタビューを3日連続でお届けします。第2弾は築 一紗役・山中真尋さん、築 二葉役・白井悠介さんのインタビューをご紹介!!

山中真尋さん×白井悠介さんインタビュー!

――今回はユニット初のドラマとユニットソングの収録でしたが、収録を終えての率直な感想をお聞かせください。

山中さん:今まで演じたことがないタイプの役柄なので、僕にとっては挑戦でした。僕自身にない要素をたくさん持っている一紗くんを演じるにあたって、いろいろと苦労もあったんですがその分、やりがいがあったし、収録自体はとても楽しかったです。今後のシリーズでも、また自分の中で一紗くんとしっかり語り合って役作りしていきたいと思います。

白井さん:まず、日頃からお世話になっている山中さんと兄弟役を演じられるということがすごく嬉しくて、収録自体もとても楽しかったです。さすがにメンバー全員は揃わなかったですけど、山中さんとは一緒に収録できたので、お互いの関係性を構築しながら、キャラクターをイチから一緒に作っていけたことも良かったです。

――『VAZZROCK』シリーズへの参加が決まったときはどのように思われましたか?

山中さん:嬉しかったです。一紗くんとの出会いもそうですし、他のメンバーもどんな子たちなんだろうと、わくわくしました。それに、2年以上一緒にラジオをやらせてもらっている白井くんと兄弟役というのを見て「おお!」って驚きもありつつ、嬉しかったです。

白井さん:『ツキウタ。』はじめ「ツキプロ」シリーズは知っていたので嬉しかったです。収録が楽しみだなと思いました。既存の作品のキャラクターたちに加えて、新しいシリーズが始動して一気に12人のキャラが追加ということでもともとある世界観も大事にしつつ、僕たち『VAZZROCK』なりの良さを出していければと思いました。

――ご自身が担当されるキャラクターの第一印象はいかがでしたか?

山中さん:「俺様」ということでしたし、目つきもすごく鋭いし、性格悪そうだなと(笑)。キャラ相関図で書いてある台詞とかを見ても「彼はこのユニットで上手くやっていけるの……?」と心配になりました。

白井さん:常識人というか、お兄さん思いの優しいキャラということで、どうやって彼の個性を表現していこうかなと思いました。性格的な部分で、僕自身と重なる部分もあるので、イメージはしやすかったです。
11 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは