学生オタクは節約志向?オタ活の悩み、第2位は「遠征に行けない」第1位は…

掲載/更新 0
学生オタクは節約志向?オタ活の悩み、第2位は「遠征に行けない」第1位は…
株式会社カンムより”学生オタク”を対象にアンケートを実施。収入が少ない学生ならではのオタ活の悩みがみえてきました。
IMAGE
ブランドプリペイドカード「バンドルカード」を運営する株式会社カンムは、 学生ユーザーを対象に「オタ活(=オタク趣味の活動)」とお金悩みに関するアンケートを実施しました。

フェスやコミックマーケットなどの大型イベントが集中する夏はオタ活が盛り上がる季節です。 時間が自由になる反面、 学生にとっては支出のやりくりに苦労しがちな時期ともいえます。
カンムは「バンドルカード」を通じすべての年代にスムーズな決済体験を届けるという目標のもと、 今回のアンケートで若者特有のお金悩みを調査しました!

収入は月1万円。オタ活資金はどう工面する?

「オタ活=何かしらのファンとして行う応援・買い物・イベント参加・ライブ・同人誌などの活動」と定義したところ、 対象とした学生のうち73%が「オタ活をしている」と答えました。

毎月の収入は「0~1万円」が9割でした。 そのうちオタ活支出は「0~5千円」「5千円~1万円」がほぼ同率で最多となり、 ほとんどの人は数千円台をやりくりしながらオタ活に勤しんでいることがわかりました。
ただし、 アルバイトをしている学生に絞ると毎月の収入は「3~5万円」(31%)、 うちオタ活支出は「1~3万円」(36%)がそれぞれ最多となり、 資金に余裕が出てきます。 またフリマアプリでの不用品売買でお金を工面している人も見受けられました。

グッズ購入がメイン。最高支出は?

自由回答形式で尋ねたところ、 4割以上が主な使い道はグッズ購入と答えました。
ほか、 YouTubeやニコニコ動画などで配信者に支援金を贈れる投げ銭やスーパーチャット、 あるいはハイタッチ会・握手会など、 オンオフで推しと触れ合えるイベントにお金を使う人も多くいました。
「グッズ、 CD」月0~5千円/男性、 中高生、 Vtuberオタ
「切符・時刻表・鉄道グッズ」月0~5千円/男性、 中高生、 鉄道オタ
「チェキ撮影」月1~3万円/女性、 中高生、 アイドルオタ
「ライブ、 ファンミーティング、 CD」月3万円~5万円/女性、 大学生・院生、 アイドルオタ
オタ活1回あたりの最高支出は、 回答者の中心が中高生ということもあり「1万円以内」が最多でした。 それを含め過半数が「3万円以内」に収まっており適切な範囲といえます。 この金額帯ではグッズやCDが目立ちました。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません