なぜ『おそ松さん』たちは"ニート”を気にしないのか?6つ子を哲学的に読み解くと…?

掲載/更新 0
なぜ『おそ松さん』たちは"ニート”を気にしないのか?6つ子を哲学的に読み解くと…?
『おそ松さん』や『エヴァンゲリオン』『ワンピース』を哲学で解釈してみるとどうなる? NHK Eテレ「世界の哲学者に人生相談」馴染みの小川仁志さんによる書籍が発売です!
IMAGE
株式会社かんき出版は、 『自分と向き合い成長する アニメと哲学』(小川仁志/著) を2019年4月22日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。

『おそ松さん』や『エヴァンゲリオン』を哲学で!

「多くのアニメは、 子どもたちがどう生きるべきか、 その指針となるようにつくられている」とNHK Eテレ「世界の哲学者に人生相談」の指南役でお馴染みの哲学者・小川仁志氏はいいます。

アニメには意識のあり方や成長の様子が、 わかりやすく描かれています。 そこで、 そうした誰もが知っているアニメを共通の題材にして、 意識なるものを哲学的に解釈してみたのが本書です。

自分のことは意外とわからないもの。 自分がどういう意識を持っているのか、 また自分の意識がどういう状態なのか、 それは自分では見えません。

だから他人をモデルにして考えるしかありません。 その「他人」として、 わかりやすいモデルであるアニメのキャラクターを活用してみました。
本書で取り上げたアニメ作品に現れる意識は、 いずれも私たち自身の心情になじみ深いものばかりです。 誰しも頑張りたくないときがあったり、 逆に成長したいと望むときがあったりと、 生きているとどうしていいのかよくわからなくなるものです。
これらはいずれも意識が関係しています。 私たちは、 どんな状態に陥っても、 最終的には一つ上のステージに行きたいと望みます。 つまり、 成長したいのです。

とはいえ、 誰もがいわゆる意識高い系になりたいと望んでいるという意味ではありません。 意識を高めるというのは、 自分の意識というものに自覚的になって、 それをコントロールするということ。 言い換えると、 それは自分らしく生きるということです。
人間は意識に支配された生き物です。 その意識を飼いならせるかどうかで、 人生の善し悪しが決まってくるといっても過言ではありません。 意識に振り回されて生きるなら、 それはもう自分らしい人生とはいえないのだから。

その点で、 本書で紹介したアニメの主人公たちは、 意識を高める方向に向かっていったといえます。
本書では以下のアニメ作品を題材に、 取り上げています。

第1章 おそ松さん×ニーチェ
第2章 ジブリアニメ×西田幾多郎 
第3章 ちびまる子ちゃん×サンデル 
第4章 新世紀エヴァンゲリオン×デリダ
第5章 ドラゴンボール×レヴィナス 
第6章 ワンピース×ラッセル
第7章 ポケモン×ドゥルーズ 
第8章 ドラえもん×ヘーゲル
第9章 君の名は。 ×ガブリエル 
第10章 アニメ×未成熟の肯定

17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません