なぜ『おそ松さん』たちは"ニート”を気にしないのか?6つ子を哲学的に読み解くと…?

なぜ『おそ松さん』たちは"ニート”を気にしないのか?6つ子を哲学的に読み解くと…?
『おそ松さん』や『エヴァンゲリオン』『ワンピース』を哲学で解釈してみるとどうなる? NHK Eテレ「世界の哲学者に人生相談」馴染みの小川仁志さんによる書籍が発売です!
IMAGE
株式会社かんき出版は、 『自分と向き合い成長する アニメと哲学』(小川仁志/著) を2019年4月22日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。

『おそ松さん』や『エヴァンゲリオン』を哲学で!

「多くのアニメは、 子どもたちがどう生きるべきか、 その指針となるようにつくられている」とNHK Eテレ「世界の哲学者に人生相談」の指南役でお馴染みの哲学者・小川仁志氏はいいます。

アニメには意識のあり方や成長の様子が、 わかりやすく描かれています。 そこで、 そうした誰もが知っているアニメを共通の題材にして、 意識なるものを哲学的に解釈してみたのが本書です。

自分のことは意外とわからないもの。 自分がどういう意識を持っているのか、 また自分の意識がどういう状態なのか、 それは自分では見えません。

だから他人をモデルにして考えるしかありません。 その「他人」として、 わかりやすいモデルであるアニメのキャラクターを活用してみました。
17 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは