『おそ松さん~ニートの生きざま展~』オフィシャルレポート♪ 舞台セットやフォトスポット、喫茶店も♪

『おそ松さん~ニートの生きざま展~』オフィシャルレポート♪ 舞台セットやフォトスポット、喫茶店も♪
『おそ松さん~ニートの生きざま展~』オフィシャルレポートが到着しました! 各キャラモチーフの展示や、テレビアニメ3期までの原画展示、舞台「おそ松さんon STAGE」のセット、フォトスポットやコラボカフェなど、ファンにはたまらない内容となっています♪
大型展示イベント『おそ松さん~ニートの生きざま展~』が開幕しました! アニメから舞台、アプリゲームまで、作品ファンが楽しめる内容が目白押し! オフィシャルレポートを紹介します♪
2020年12月18日(金)、東京・池袋サンシャインシティにて、500点以上の原画や映像、造形などで「おそ松さん」の魅力の全てが堪能できる大型展示イベント「おそ松さん~ニートの生きざま展~」が開幕致しました。

TVアニメ「おそ松さん」は2015年のTVアニメ第1期放送より、舞台「おそ松さん on STAGE」や「へそくりウォーズ」など数多くのアプリゲームの配信など多岐に渡る展開で多くのファンを魅了し続けています。
現在、TVアニメ第3期がテレビ東京ほかにて毎週月曜深夜1時30分より放送中。本展示会は、そんな「おそ松さん」の全てをぎゅっと詰め込んだ、2016年に開催された「おそ松EXPO」以来、約4年ぶりとなる大型展示会となります。

エントランスでは、第2期第1クールエンティング映像で登場した、6つ子カーがお出迎え。
その先にはルーレットの上に立った6つ子の等身大立像、6つ子それぞれに焦点を当てた「6つ子たちの生きざま」や、500点を超える原画、6つ子の様々な姿が壁一面に展示された「おきがえパラダイス」、さらに舞台やアプリの小物、イラスト展示などを順番にご覧いただけます。
「6つ子たちの生きざま」では、6つ子たちにそれぞれ焦点を当てた6つの柱が展示されており、おそ松は「なごみ探偵」、カラ松は「カラ松タクシー」など、各キャラクターの原画が飾られています。
また、一松のコーナーにはエスパーニャンコ型のパネルが設置されるなど、キャラクターならではの装飾が盛りだくさん!その先には、第1期・第2期のOPや話題のシーンに加え、“実松”や“じょし松”など、様々な“松”の原画が展示されています。
1枚1枚のシーンに思いを寄せて、足を止めながらじっくりと原画を見つめる来場者の様子が各所で見られました。
同じく時間をかけてじっくり堪能する様子が見られたコーナーは「おきがえパラダイス」。こちらでは、春に開催中止となった「おそ松さんミュージアム 6つ子のおきがえパラダイス」にて展示予定だったイラストの一部が公開されており、様々な衣装を着た6つ子が壁一面に並びました。
来場者の中には、「ここから離れられない」と思い出の1枚を探す姿も見られました。
床に描かれたマス目にそって歩みを進めると、6つの机が並んだ教室が現れます。
黒板に書かれた「卒業おめでとう」の文字に、「えいがのおそ松さん」の感動シーンが蘇ります。
先に進むと現在放送中の第3期のコーナーへ。第1話に登場した新6つ子やアニメ化された声優陣の原画が早くも展示され、話題のシーンの原画に来場者も驚きの様子でした。
アプリの「おそ松さん」のコーナーでは、「おそ松さんのへそくりウォーズ ~ニートの攻防~」「おそ松さんのニートスゴロクぶらり旅」「にゅ~パズ松さん 新品卒業計画」「おそ松さん よくばり!ニートアイランド」のゲームに登場するイラストと設定画がずらりと展示されたほか、フォトスポットも登場。「へそくりウォーズ」のゲーム画面の中に入り込んだような1枚が撮影可能となっておりますので、こちらもお見逃しなく。
また、舞台の展示コーナーでは、衣装展示のほか、ステージ上で使用された松野家が再現されたセットが登場。舞台の背景データを元に再現された松野家の居間は、まるで6つ子の世界に入り込んだような気持ちを体感できます。

そのほか、会場内に隠されたデカパンのパンツ型POPを探す「デカパンを探せ!」や、会場のところどころに設置された全13問のクイズに答える「ニートの生きざまクイズ」など、見て楽しむ展示だけではなく、考えながら楽しめる体験型企画が用意されています。

本展示会は、これまでの5年間を思い出しながら、「おそ松さん」が歩んだ軌跡、6つ子の“生きざま”を存分に満喫できる内容となっております。
東京会場は27日(日)まで開催予定となり、12月24日(木)、12月27日(日)には、会場出口で着ぐるみがお客様をお見送りする「6つ子ランダムグリーティング」を実施予定。2日間は常に6つ子の中から、2人がご来場いただいたお客様をお見送りします。
当日券も発売中となりますので、ニートの生きざまをめぐる旅をぜひお楽しみください。
41 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは