中島ヨシキ「壮馬の地頭のよさに、すごく憧れています」|『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』オフィシャルインタビュー到着!

中島ヨシキ「壮馬の地頭のよさに、すごく憧れています」|『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』オフィシャルインタビュー到着!
人気声優の斉藤壮馬さんがゲストとともに“和心”を探究していく『斉藤壮馬の和心を君に』第2期、8月14日、21日に放送される#7、#8のゲストは中島ヨシキさん。斉藤さんとは同じ事務所の仲間であり、番組第1期から名前が挙がり続けていた中島さんが満を持しての登場です。
IMAGE
2019年7月からTOKYO MXで放送される『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』
本番組は、声優・斉藤壮馬さんが豪華ゲストとともに“和心”を探究し、日本文化の魅力を再発見していく番組、通称『そま君』の第2期となります。

番組主題歌はTバッカーズ[江口拓也&西山宏太朗&斉藤壮馬]が歌う「幻想夏祭り」(作詞・作曲:黒石ひとみ)。番組本編はもちろん、ラストに流れる主題歌と、斉藤壮馬さん出演のミュージックビデオにもご注目ください。

8月14日に放送される#7、そして翌週8月21日放送の#8には中島ヨシキさんがゲストとして登場します。

花園神社を参拝したり、茶道体験をしたり、さらには和食を堪能しつつ “和心”を学びます。今回は斉藤さんと中島さんのオフィシャルインタビューをお届けします。

中島さんのインスタに上がった"肉会の歌"の裏話

――まずはお二人が仲良くなったきっかけを教えてください。

斉藤:数年前、同じ現場に入ることがけっこうあったんです。それがきっかけかな?

中島:そうだね。事務所に入所したばかりの頃は、同じ現場に入ることが多くて、お互いなんとなく気になっていたと思うんです。それで現場終わりに飲みに行ってから仲良くなった感じですね。

斉藤:付き合いはだいぶ長いですね。

――お互いに好きなところ、尊敬しているところを教えてください。

斉藤:いっぱいあります! ヨシキはすごくちゃんとした人なんです。例えばスケジュール管理だったり、場の空気を読むことだったり……いろいろなことに対してきっちりしているので、信頼できるし頼りになるんです。それでいて、面白いことがあるとすごく笑ってくれるんですよ。だからこっちも話していて楽しいし、人間的にすごく素敵な部分だなと思います。
役者としても、とても多彩な役柄を演じていて尊敬しています。あと、なんていうか合わせやすい。以前、ヨシキと僕だけで15分間ノンストップで掛け合いをしたとき、リテイクなしで一発OKをいただいたことがあって。タイトルコールも、普通は息を吸うことでイミングを合わせたりするんですが、ヨシキとはそういうきっかけがなくてもピッタリ合うんです。

中島:あったねぇ。タイトルコールのときはキューランプを見て、お互いに声を出すタイミングがピタッと合ったんだよね。

斉藤:それがすごく気持ちよくて。ヨシキは攻めの芝居というよりは、こちらの芝居を受けてくれるタイプなので、彼によって自分の芝居もさらに引き出される感覚があります。そういうところが一緒に演じていて楽しいし、役者としてすごく好きですね。

中島:ありがとうございます(笑)。壮馬の好きなところ、尊敬するところは、やっぱり頭のよさですね。知識量や語彙力もそうですが、もともとの地頭のよさというのが自分にはないので、すごく憧れています。文章や歌詞を書いたり、曲を作ったりという創作的な分野でも、本当にボキャブラリーが豊かだなぁと感じますし。こちらが1聞いたら10返ってくるのも、話していて勉強になるところであり、たまにうっとうしいところであり……(笑)。でもやっぱり人として生きていくうえで、すごく参考にしたい部分だと思っています。
壮馬がさっき、僕の芝居を “受けの芝居”って言ってくれましたが、以前は壮馬もそういうタイプだったと思うんですよ。でも最近は“あえて受けない”という選択肢を覚えたみたいで。そういう部分も含めて、壮馬は「あの場所に行きたいな」と強く思う対象ですね。
――歌詞といえば、以前中島さんのInstagramに、斉藤さんが作ったという“肉会の歌”なるものが投稿されていたそうですが、どういう経緯で投稿されたものなのでしょうか?

中島:僕もわからないっす(笑)。

斉藤:(笑)。肉好きのメンバーで集まって肉を食べる“肉会”というものがありまして。僕がかなりご機嫌だったときに「テーマソングできたよ~」って、肉会のLINEグループに曲を送りつけたんです。適当に弾き語りの音声データを送ったんですが、なぜか(石川)界人くんが文字に起こしてくれて。それをヨシキがインスタに投稿した、という経緯です(笑)。

中島:「バズれ、バズれ!」と思って。

斉藤:僕は「えっ!?」ってなりました(笑)。あの音声データ、まだ残ってるんですけど、冷静になって聞き返すと……ちょっとキーが高いですね。歌いづらい。

中島:冷静になりすぎだよ(笑)! おそらく壮馬が1stアルバムを作っていた時期だと思うんですけど、創作意欲が溢れ出て止まらなかったんでしょうね。すごく貴重なデモ音源が2日にいっぺんくらいのペースで送られてきて、実際にアルバムに収録された曲もあれば、寝かせる形になった曲もあります。

斉藤:あの頃は、いくつかのものを得て、いくつかのものを失いました……。

中島:梅原裕一郎というかけがえのない仲間を失いましたね(笑)。グループから1回いなくなったからね……。最近、戻りかけてるけど。

斉藤:また彼に手が届く日が来ると信じています!
23 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは