舞台『刀剣乱舞』5周年記念プロジェクト!映画館で楽しむ劇場版として再編集も

掲載/更新 0
舞台『刀剣乱舞』5周年記念プロジェクト!映画館で楽しむ劇場版として再編集も
舞台『刀剣乱舞』5周年を記念して、刀ステが脚本・演出の末満健一さんが映画館で楽しむ劇場版として再編集した劇場版として公開決定! 記念すべき第1弾として公開される「虚伝 燃ゆる本能寺」のキービジュアルも到着しました。
IMAGE

舞台『刀剣乱舞』が映画館で見られる!劇場スクリーンに合わせて再編集も

PC ブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案に、末満健一さんが脚本・演出を手掛けたストレートプレイ版の舞台化作品が、映画館で楽しむ劇場版として上映されることが決定しました。

舞台『刀剣乱舞』は、2016年5月に「虚伝 燃ゆる本能寺」を上演し、再演や小田原城天守閣前で一夜限りで行われた野外公演、そして日本国内で唯一の客席が 360 度回転する劇場・IHI ステージアラウンド東京での公演を含め、これまでシリーズ 11 作品を上演されています。

重厚で心打たれるストーリーや、刀剣男士の美麗で個性豊かなヴィジュアルの再現、そして圧倒的熱量の殺陣などで観客を魅了し、多大な支持を集めています。そして、この度舞台『刀剣乱舞』5周年を記念し、過去作の中から8作品を順次劇場上映することが決定しました。

記念すべき第1弾は、2016年5月に初演を迎えた「虚伝 燃ゆる本能寺」
以降、劇場版 舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜、劇場版 舞台『刀剣乱舞』ジョ伝 三つら星刀語り、劇場版 舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣-、劇場版 舞台『刀剣乱舞』无伝 夕紅の士 -大坂夏の陣-、劇場版 舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰、劇場版 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ、劇場版 舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち、を順次上映予定。公開日など詳細は随時発表予定です。

11月23日(火・祝)に上映される、劇場版 舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺では、末満健一さん監修のもと、

①劇場スクリーンに合わせて再編集、より高精細で臨場感あふれる映像に
②音声は劇場向けに迫力の 5.1chサウンド
③ Blu-ray/DVD とは異なる新アングルを多数採用!


劇場版でしか味わえない、新たな舞台『刀剣乱舞』の世界をスクリーンで是非体感ください。

舞台『刀剣乱舞』5周年記念プロジェクトムービー

【プロジェクトムービー】劇場版 舞台『刀剣乱舞』順次公開決定!【舞台『刀剣乱舞』5周年記念プロジェクト】

劇場版 舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺 概要

劇場版 舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺

西暦 2205 年。
歴史改変を目論む「歴史れきし 修正主義者」によって過去への攻撃が始まった。
時の政府は「審神者」なるものたちに歴史の守護を命じる。
その審神者の物の心を励起する力によって生み出された、「刀剣男士」たちは、さだめられた歴史を守る戦いへと身を投じるのだった。

ある日、彼らの本丸に新しい刀剣男士が顕現する。
不動行光──戦国武将・織田信長が佩用し、彼に仕えた近習・森蘭丸へと授けられることとなる一振りである。
不動行光は信長の愛刀であったことの誇りを顕わにするが、同じく信長を元主とする宗三左文字、へし切長谷部、薬研藤四郎らとうまく噛み合わない。近侍に任命された山姥切国広は、不動行光の参入により和の乱れた本丸を立て直そうと奔走する。
そのさなか、審神者より天正十年──織田信長が果てた歴史的事件「本能寺の変」へ出陣の命が下だるのだった。


2021年11月23日(火・祝)より公開 《3週間限定上映》

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
脚本・演出・総監修:末満健一
音楽:manzo/テルジ ヨシザワ
ディレクター:池田圭太

三日月宗近:鈴木拡樹
山姥切国広:荒牧慶彦
宗三左文字:佐々木喜英
江雪左文字:輝馬
小夜左文字:納谷 健
薬研藤四郎:北村 諒
へし切長谷部:和田雅成
不動行光:椎名鯛造
一期一振:廣瀬大介
鯰尾藤四郎:杉江大志
燭台切光忠:東 啓介
鶴丸国永:染谷俊之


製作:舞台『刀剣乱舞』製作委員会
配給:東宝映像事業部

劇場版 舞台『刀剣乱舞』公式サイト:https://movie-stage-toukenranbu.jp/

©舞台『刀剣乱舞』製作委員会 ©2015 EXNOA LLC/Nitroplus

舞台『刀剣乱舞』とは

PC ブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案に、末満健一が脚本・演出を手掛けたストレートプレイ版の舞台化作品。2016 年 5 月に初演である「虚伝 燃ゆる本能寺」を上演し、再演や小田原城天守閣前で一夜限りで行われた野外公演、そして日本国内で唯一の客席が 360 度回転する劇場・IHI ステージアラウンド東京での公演を含め、これまでシリーズ 11 作品を上演している。

重厚で心打たれるストーリーや、刀剣男士の美麗で個性豊かなヴィジュアルの再現、そして圧倒的熱量の殺陣などで観客を魅了し、劇場動員のみならず、ライブビューイングやライブ配信、Blu-ray/DVD などを通して多大な支持を集めている。またシリーズを通して様々に伏線が散りばめられ、今後の展開にも非常に注目が集まっている。
10 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません