梶裕貴&花澤香菜がナレーション!プラネタリウム“満天”15周年記念『Tokyo Midnight Groove』上映

掲載/更新 0
梶裕貴&花澤香菜がナレーション!プラネタリウム“満天”15周年記念『Tokyo Midnight Groove』上映
池袋サンシャインシティ内で人気のプラネタリウム“満天”15周年記念作品「Tokyo Midnight Groove」が2019年7月26日(金)より上映されます。ナレーションに起用されたのは人気声優の梶裕貴さんと花澤香菜さん!
コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine Cityでは2019年7月26日(金)より、夏の新作「Tokyo Midnight Groove」の上映を開始!

今年開業15周年を迎えたプラネタリウム“満天”の第二弾となる本作品。”東京の夜“をテーマに、現代の東京の音楽シーンをリードする、向井太一さん、SIRUPさん、iriさんといった新進気鋭アーティストの楽曲を多数起用します。
またナレーションには人気声優の梶裕貴さん花澤香菜さんの2名をダブルキャストとして迎えます。

東京で暮らす男女二人のストーリーを描く

過去にGoogle+で300万人以上のフォロワーを抱えた写真家・山本高裕さんと全面コラボによって製作される本作。普段、目にしないようなアングルから切りとられた東京の夜景は、私たちの想像を超えたドラマチックな表情を見せます。
脚本は数多くの映画やテレビドラマを手掛ける北川亜矢子さんが担当。東京の夜をアーバンに、そしてポップに魅せるプラネタリウム作品です。

本作で起用される音楽アーティストはプラネタリウム“満天”史上、過去最多の6組。

iri/WONK/Cornelius/SIRUP/TENDRE/向井太一(※50音順・敬称略)

東京の音楽史シーンをリードし、新たなトレンドを生み出す彼らの楽曲を、本作のテーマに合わせて独自にプレイリスト化。彼らが放つ最先端のグルーヴが東京の夜に色彩を与えます。

さらに本作では人気声優の梶裕貴さん花澤香菜さんがナレーションを担当。
北川亜矢子さんが手掛ける、東京で暮らす男女二人のストーリーをリアルに展開します。

『Tokyo Midnight Groove』作品概要

・音楽:iri/WONK/Cornelius/SIRUP/TENDRE/向井太一

・ナレーション:梶裕貴/花澤香菜

・撮影協力(ロケーションアドバイス):山本高裕

・上映期間:2019年7月26日(金)~

・上映時間:約40分

・鑑賞料金:一般シート/1,500円(大人・中学生以上)

芝シート/3,500円、雲シート/3,800円

※芝シート/雲シートは上記金額に大人二名様分の料金を含んでいます。

※上映時間、休館日、追加上映回など、シーズンによって異なります。
最新情報は下記ウェブサイトでご確認ください。

■公式サイト:https://planetarium.konicaminolta.jp/manten/schedule/

ナレーション紹介

梶裕貴

●梶裕貴 プロフィール●

2004年に声優デビュー。

主な出演作は、TVアニメ『進撃の巨人』(エレン・イェーガー)、『MIX』(立花投馬)、『七つの大罪』(メリオダス)、『僕のヒーローアカデミア』(轟焦凍)など他多数。

2019年10月から放送開始の『PSYCHO-PASS3』では主人公の慎導灼役、『あひるの空』では主人公の車谷空役など、人気作品の主人公を多数演じる。

第3回2008年度の声優アワードでは新人男優賞を受賞し、2012年度・2013年度の2年連続で同アワード主演男優賞を受賞。2018年5月に著書『いつかすべてが君の力になる』を出版し、2019年には同著書のコミカライズ本が発売。

アニメに限らず、吹き替え、ナレーション、ラジオ、TV出演、さらにはミュージカルや報道番組にも出演するなど、多岐にわたって活躍。



19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません