「SNS流行語」2022年末のランキングが発表!3位『チェンソーマン』の“ゲロチュー”、2位『THE FIRST SLAM DUNK』

掲載/更新 0
「SNS流行語」2022年末のランキングが発表!3位『チェンソーマン』の“ゲロチュー”、2位『THE FIRST SLAM DUNK』
2022年10月〜12月度の「SNS流行語ランキング」が発表されました。『チェンソーマン』アニメで話題の「ゲロチュー」や劇場版『スラムダンク』が上位にランクインしています。
IMAGE
2022年から四半期ごとに発表されている「SNS流行語ランキング」の、2022年10〜12月ぶんが、SNSマネージャー流行語委員会から公開されました。

『チェンソーマン』あの回や劇場版『スラムダンク』がランクイン

今回は、2022年10月〜12月に話題をさらった流行語1位〜10位が発表されました。

9位に『機動戦士ガンダム 水星の魔女』、3位に『チェンソーマン』で話題になった「ゲロチュー」、2位には『スラムダンク』の新作劇場版『THE FIRST SLAM DUNK』と、アニメに関する内容も多くランクインしています。

3位『チェンソーマン』の「ゲロチュー」は、TVアニメ第7話の内容に寄せたエンディングテーマから話題が沸騰。あのさんが歌う「ちゅ、多様性。」のサビ部分の歌詞やキュートで中毒性のあるダンスが注目を浴び、「#ゲロチュー」「#ゲロチューダンス」のハッシュタグを付けたダンス動画がTikTokでたくさん投稿されています。なんと、TikTok内での「#ゲロチュー」視聴回数は6630万回を記録しています。

また、満を持しての映画化となった2位の『THE FIRST SLAM DUNK』は、声優問題など公開前に物議を醸したものの、公開すると「最高だった」「内容知らなくても楽しめる」「本当の試合を見ているみたいで熱くなった」と高評価を集め、2023年1月11日時点で6週連続興行収入1位を獲得する大ヒットとなっています。

そのほか、7位にジャニーズの「なにわ男子」、6位に手話を使ったピュアなラブストーリーが人気を博したドラマ『silent』、4位にNetflixで公開され話題となった『First Love 初恋』などがランクインしています。詳しい内容はリリース全文よりご確認ください。
リリース全文は以下の通り。

SNSで最近はやった言葉は?

2022年から四半期ごとに発表している「SNS流行語ランキング」。SNSマネージャー流行語委員会が選定するランキングの2022年10〜12月分を発表します!

第10位 ChatGPT

「ChatGPT」とは、2022年11月末にOpenAIがリリースした対話型AIチャットボット。

大型の自然言語処理プログラムで、論文や小説、俳句やプログラムコードなどの幅広い文章を生成できます。まるで人間が書いたような内容だとしてSNSで話題になりました。

SNSでは幅広い層がChatGPTに関する投稿をしており、さまざまな業界への浸透が見受けられます。ユーザーからは、ChatGPTに「相談してみた」「営業トークの台本を書かせてみた」などの体験が投稿されました。

第9位 水星の魔女

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』はガンダムシリーズの新作アニメ。シーズン1が2022年10月2日から2023年1月8日までTBS系列で放送されました。女性の主人公であることや、その主人公が“花婿”として迎えられる展開がダイバーシティーの時代に合っていると話題になったほか、「ダブスタクソ親父」(ダブルスタンダードのクソおやじ)もTwitterのトレンドに入りました。

1979年放映の“ファーストガンダム”から知っているファンだけでなく初めて「ガンダム」を見る視聴者層も加わり、放映ごとにSNSを賑わせました。
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません