舞台『文豪とアルケミスト』第三弾、情報解禁!佐藤永典、椎名鯛造が初出演!オリジナルキャラも

IMAGE

お馴染みのスタッフが集結

本作では、文学作品を守るためにこの世に再び転生した文豪たちが平穏に日々を過ごしているところから始まります。そんなある日、北原白秋(佐藤永典)の『からたちの花』が侵蝕され、北原本人が自身の作品に“取り込まれる”という、異常事態が発生。今回も作品に秘められた「負の感情」によって新たな侵蝕者が生まれてしまったのか……?作品を守るため、再び始まる文豪たちの闘いの様子が描かれます。

スタッフは第一弾、第二弾に引き続き、脚本をなるせゆうせいさん、演出を吉谷光太郎さん、世界観監修をイシイジロウさんが務めます。前作に続き坂本英城が手掛ける原作ゲームの楽曲が舞台を彩ります。更に深みを増す『文豪とアルケミスト』の世界、舞台ならではの大迫力の闘いにぜひご注目ください。

今回の解禁に伴い、なるせゆうせいさん、吉谷光太郎さんよりコメントも到着しています。
チケットは、7月31日(金)19時よりオフィシャル最速先行の受付がスタートとなります。

脚本家・演出家コメント

脚本・なるせゆうせい
この時代に、この作品を皆様にお届けすることに運命的なものを感じます。文学も演劇も、この世から消えてしまっても生きていけるかもしれない。だけどそれを消すつもりもない。
そのために抗います。ここに出てくる文豪たちとともに。これから転生された文豪たちの物語であり、僕たちの物語でもあると思います。


演出・吉谷光太郎
文学はその時代の世相を反映しているものと思います。当時の作家の生き様が色濃く作品に残ります。その中で現代を生き抜く為の大切なテーマが浮き彫りとなり、突き刺さる言葉が今を生きる我々の胸を響かせます。
我々はこの舞台を一つの文学として創作します。
侵蝕者と共に現代の困難に打ち勝つヒントとなり得るエネルギーに満ちた物語を作ります。
我々の作る動く文学作品をどうぞ、その目に焼き付けて頂ければ幸いです。

11 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは