『銀魂2』は出演者愛、『翔んで埼玉』は地元愛!?大ヒット映画のTwitter投稿から見えるもの【比較調査】

 『銀魂2』は出演者愛、『翔んで埼玉』は地元愛!?大ヒット映画のTwitter投稿から見えるもの【比較調査】
大ヒット映画『翔んで埼玉』『銀魂2』『カメラを止めるな』のTwitter反響を調査・分析した結果が公開に! ヒットの要因は?
ソーシャルワイヤー株式会社は、記事調査サービスを運営する「アットクリッピング」のTwitter投稿(ツイート)を調査・分析するサービスを利用し、今話題の映画「翔んで埼玉」と2018年に公開し興行収入36.5億円を突破した「銀魂2」、そして単館上映からスタートし日本アカデミー賞8部門を受賞した「カメラを止めるな」について、Twitter反響の調査・分析。その結果が発表されました!

先行型大ヒット「銀魂2」と「翔んで埼玉」

各作品の公開前日から31日間のTwitterの投稿数を比較すると、大々的な広告宣伝をしていない「カメラを止めるな」と、公開前から広告宣伝活動に注力していた「銀魂2」や「翔んで埼玉」の投稿推移の違いは明確。

積極的に広告宣伝活動をしている2作品は公開日前後が最も投稿数が多くなりました。
一方で、「カメラを止めるな」は公開後1か月間は、あまり投稿数は多くはありません。
「銀魂2」や「翔んで埼玉」は公開初日から2週間ほどの間に投稿はピークを迎えました。

特に、公開日前日に「銀魂」をテレビ放送した「銀魂2」は、放送開始の21時頃から「予習・復習」という投稿が増え、放送終了後は「銀魂2も見たくなった」や「明日観に行くのが楽しみ」という投稿が多くみられます。

前日には6,163件の投稿が、公開初日には調査期間中で最多の14,379件の投稿数となりました、

一方、「翔んで埼玉」も、最初の3日間は「銀魂2」よりも投稿件数は少ないものの、公開日から1週間の投稿総数は、「銀魂2」の55,302件に対し「翔んで埼玉」55,476件と、「銀魂2」をわずかながら抜き、その後も作品のユニークさから口コミが広がりTwitter投稿数も「銀魂2」を上回って推移します。
14 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは