畠中祐、増田俊樹、三木眞一郎らが登壇!劇場版『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』初日舞台挨拶レポート

掲載/更新 0
畠中祐、増田俊樹、三木眞一郎らが登壇!劇場版『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』初日舞台挨拶レポート
ノイタミナで放送されたオリジナルアニメーション『甲鉄城のカバネリ』の劇場版『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』が5月10日いよいよ公開開始! 初日舞台挨拶の公式レポートをご紹介します。
2016年4月から6月までフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送され、圧倒的な映像美と迫力のバトルアクションで話題を呼んだオリジナルアニメーション『甲鉄城のカバネリ』
総集編映画、ソーシャルゲームと展開し、完全新作となる劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』が現在絶賛上映中です!

この度、初日を迎えた5月10日(金)に、生駒役・畠中祐さん、無名役・千本木彩花さん、来栖役・増田俊樹さん、景之役・三木眞一郎さん荒木哲郎監督が登壇し、初日舞台挨拶が実施されました。公式イベントレポートをお送りします。

初日舞台挨拶イベント概要

■日時:5月10日(金) 19:20―19:50イベント ※上映後の舞台挨拶

■場所:新宿ピカデリー スクリーン1

■登壇者(敬称略):
畠中 祐(生駒役)
千本木 彩花(無名役)
増田 俊樹(来栖役)、
三木 眞一郎(景之役)
荒木 哲郎(監督・脚本)

MC 柳原哲也(アメリカザリガニ)

登壇者コメント

畠中 祐さん
作品を作っているときは早く皆さんに届けたいとそわそわする気持ちが強かったですが、いざ公開となると終わってしまうという寂しさもあり、なんとも言えず複雑な心境です。久しぶりに集まってもすぐに空気感が出来上がって、座組が同じ方向を向いていると肌で感じ「カバネリの世界」を生きさせてもらっている、という感覚が強くありました。
3年前「カバネリ」に出会ってくれた方、ありがとうございます。続編をお届けできてとても幸せです。映画で初めて「カバネリ」に触れたという方も、出会ってくれてありがとうございます。最高に面白いと思える作品ですし、こんなに良いエンディングを迎えられて、彼らは大丈夫だ、生きていけると思いました。でも彼らが生き抜いていく先をまた観たい、演じたいとも思います。まだまだ甲鉄城は走り続けますので、その時までよろしくお願いいたします。


千本木 彩花さん
TVシリーズ終了後にもしかしたら映画を作るかもというお話を聞いていたので、3年経ってついに実現して、今日という日を迎えることができてとても嬉しいです。アフレコは朝から行い長時間に渡りましたが、感覚としてはあっという間でした。キャストのみなさんがどんどんそのキャラクターに見えてきて、みんなここにいるんだなと感じました。
先日地上波で放送された総集編を見たのですが、キャラクターもバラバラで全然違いました。映画ではみんなが一つになっていて、成長したなと感じました。この作品は、嬉しい・悲しいという気持ちや、頑張ろうと力をもらえたり、色んなものが詰まった映画です。それをご覧いただいた皆さんに受け取っていただけたら嬉しいです。


増田 俊樹さん
たくさん準備期間を用意していただいて、僕たちキャストだけでなくスタッフの全員の思いが詰まった作品です。この思いは観ていただけないと伝わらないので、無事に今日を迎えられて皆様にご覧いただけて嬉しいです。
三木さんが仰ってくださった”空気感”は一朝一夕で出来るものではなく、TVシリーズからずっと積み上げてきたものだと思います。
映画の中で一つお話は完結しましたが、彼らの人生は続いていきます。ぜひこれからも「カバネリの世界」を愛し続けてください。そうしたらまた会えるかもしれません!カバネを増やすように(笑)、周りの人を感染させていってください!


三木 眞一郎さん
TVシリーズオンエア当時から良い評判を聞いていたので、やきもちを焼いて観ないようにしていましたが(笑)、景之役のお話をいただいた時は嬉しかったです。この役は、若い時なら出来ていないキャラクターだと思います。私のアフレコは別撮りでしたが、みんなが作った空気感が出来上がっていて、みんなの声が入った状態だったので、とてもやりやすかったです。まるで「俺たちの庭で遊べよ」と言われているように感じました。
「TVシリーズを観ていないけど大丈夫?」という方にも、大丈夫と伝えてください!映画だけでも楽しめますし、映画を見てからTVシリーズを観ていただくのも良いと思いますぜひ、2度、3度と見て細かいところまで楽しんでいただけたら嬉しいです。


荒木 哲郎監督
作っているときは自分が楽しむために作っていますが、いざ公開されるとなるとこれを皆さんが見るのだと気づいて、面白いものになっているのかどうか少し怖いです。
納品間際まで粘ったこだわりのシーンもあります。監督が画を直すのはなかなかないことですが、どうしてもやりたくて、他の皆さんがいなくなった後で密かに芝居を細かくつけていきました。
今日は代表してこの場に立っていますが、アニメは実際とても大勢の人たちで作っています。私個人が彼らにしてあげられることは少ないですが、作品の評判が良いことが一番、スタッフのみんなへ報いることができると思います。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません