美術の世界を描くコミック『ブルーピリオド』の初となる展覧会が6月18日より開催

掲載/更新 0
美術の世界を描くコミック『ブルーピリオド』の初となる展覧会が6月18日より開催
作中の絵画などを展示、物語を追体験できる。さらに、顔料を混ぜて自分だけの"青"を作る特別講座も。コラボカフェでは主人公・矢口八虎の絵画のテーマにもなった「早朝の渋谷」モチーフのカクテルなどが登場します。
 ブルーピリオド展製作委員会は、6月18日(土)〜 9月27日(火)の期間、東京・天王洲 寺田倉庫G1ビルにて『ブルーピリオド』初となる展覧会 「ブルーピリオド展~アートって、才能か?~」(以下、ブルーピリオド展)を開催します。また、開催にともなって原作者である山口つばさ氏のコメントも公開されました。
 『ブルーピリオド』は2017年6月より「月刊アフタヌーン」にて連載しているコミック。学校生活をそつなくこなすが、どこか空虚な毎日を過ごしていた主人公・矢口八虎が、一枚の絵に目を奪われたことをきっかけに筆をとり、東京藝術大学を目指す姿や、その後の大学生活が描かれる作品です。

 今回の開催に際して、原作者である山口つばさ氏は以下のようにコメントしています。

いろんな方の力をお借りしながら描いている「ブルーピリオド」ですが、さらに、いろんな方の力をお借りして「ブルーピリオド展」を開催して頂くことになりました‼
これを観に来て下さったあなたも、「ブルーピリオド展」の1ピースとして楽しんで参加していただけたらうれしいです!

 さらに、本展では作中に登場する絵画や没入型シアターによって『ブルーピリオド』の物語を追体験できるほか、特別講座「YOUR BLUE」を開催。
 特別講座では、来場者自ら顔料を混ぜながらオリジナルの「青」の油絵具を作成。本作における重要なカラーである自分だけの「青」を作り、キャンバスに塗るとパレットナイフなど作中に出てくる画材が浮かび上がります。完成後の作品はフレームにいれて持ち帰ることができるとのこと。

 さらに、参加者が作成した「青」の油絵具は、スタッフの手によって100色の青で構成される絵画「OUR BLUE」として展覧会場に設置されます。
 また、併設のカフェではブルーピリオド展とのコラボメニューも提供。八虎が絵画の題材にした「早朝の渋谷」をモチーフにしたカクテルなど、作品にちなんだ美しい色のメニューが並びます。

(1)青春のブルークリームソーダ(ICE) 価格:900円
アート業界で活躍する若者が全身で感じる甘酸っぱい青春を爽やかなブルーのソーダで表現しました。

(2)色彩を楽しむノンアルコールサングリア(ICE) 価格:800円
フルーツをたっぷり詰め込んだノンアルコールサングリア。
鮮やかな赤色のジュースにビタミンカラーのごろごろ果物が入った食感も楽しいドリンクです。

(3)早朝の渋谷のカラーカクテル(ICE) 価格:800円
早朝の渋谷の静かさや青さをブルーのカクテルで表現しました。グレープフルーツとライチの香りが爽やかな、
夏らしいジンベースのアルコールドリンクです。  ※7月2日(土)から提供開始

(4)3原色のカラフルゼリーソーダ(ICE) 価格:800円
数ある色の中でも始まりの色である「赤」・「青」・「黄」を、きらきらとしたゼリーにしました。炭酸がはじけるソーダと一緒にお楽しみください。  ※7月2日(土)から提供開始

 また、本展の公式アンバサダーには、『ブルーピリオド』のファンである麒麟の川島明氏が就任。音声ガイドを務めるほか、デジタルコンテンツ「川島明の『ブルーピリオドが好きすぎて』」にも出演しています。

 「ブルーピリオド展」のチケットは、一般2000円、高校生・大学生1400円、小学生・中学生900円。バーチャルエキシビションやスペシャル動画などのデジタルコンテンツが楽しめる「ブルーピリオド展デジタル」は共通で1500円となります。

 また、「ブルーピリオド展」と「デジタルコンテンツ」の両方がセットで楽しめる特別チケットもラインナップ。価格は一般3300円、高校生・大学生2700円、小学生・中学生2200円となっています。

 より詳細な展示の情報などは、以下のプレスリリースにて確認できます。
60 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません