広告をスキップ

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』本日の金曜ロードショーで放送!石川由依のコメントも「たくさんの“愛してる”が詰まった作品」

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は暁佳奈先生による小説。2018年に京都アニメーション制作でアニメ化。繊細で美しい作画と感情を揺さぶられるストーリーで一躍話題に。

感情のない武器として育てられた元兵士のヴァイオレット・エヴァーガーデン。戦争終結後、自動手記人形としてさまざまな人と出会うことで、現在は安否不明の陸軍上官・ギルベルトが最後に発した「愛してる」という言葉の意味を探していきます。

そんな同作の劇場版が本日11月25日の金曜ロードショーにて、地上波初放送されます。

劇場版で描かれているのは、アニメ後のストーリー。ある日郵便社の倉庫で見つかった宛先不明の手紙から、いまだ生死不明のギルベルトへの足がかりを掴むことに。

金曜ロードショー公式Twitterアカウントにて、ヴァイオレット・エヴァーガーデン役の石川由依さんより今回の放送に関してのコメントが公開されています。
石川さんは同作に関して「いろんな形の、たくさんの“愛してる”が詰めこまれた作品」と語っています。

放送は今夜21時から
同作ファンはもちろん、まだ同作を観たことがない人も、ぜひ今夜の放送をお見逃しなく。

(執筆:ヤマコジ)

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

電ファミ新着記事

オタ腐★幾星霜