千葉瑞己、中島ヨシキらのコメント到着! infinit0×帷の新プロジェクトより第二弾CDが発売!

掲載/更新 0
千葉瑞己、中島ヨシキらのコメント到着! infinit0×帷の新プロジェクトより第二弾CDが発売!
ツキプロ所属ユニット「infinit0」とサンプロ所属ユニット「帷」による新プロジェクト“X Lied Project”CD第二弾が2021年8月27日発売! 田所陽向さん、千葉瑞己さん、中島ヨシキさん、住谷哲栄さんのオフィシャルインタビューをご紹介します。
2.5次元に存在する芸能事務所・ツキノ芸能プロダクション(通称:ツキプロ)に所属するユニット「infinit0(インフィニートゼロ)」(数寄川零&御風呂庵)と、株式会社サンプロモーション・エンターテイメント(通称:サンプロ)所属の「帷(とばり)」(天城士欧&羽柴玄尉)との新プロジェクト“X Lied Project”(クロスリートプロジェクト)

本プロジェクトは、ライバル関係にある両社がタッグを組んで打ち出す新企画で、現在、新シリーズとして、春夏秋冬それぞれの季節の楽曲とドラマをお届けする「SEASONS」シリーズが始動中です。

第一弾『pioniX SEASONS 「春惜しむ」』(発売中)に続き、第二弾『pioniX SEASONS 「炎昼」』が2021年8月27日発売予定! 今回は『pioniX SEASONS 「炎昼」』から、収録曲「Glare Down」のレコーディングを終えた田所陽向さん(数寄川 零 役)、千葉瑞己さん(御風呂庵 役)、中島ヨシキさん(天城士欧 役)、住谷哲栄さん(羽柴玄尉 役)のオフィシャルインタビューをご紹介します! 
また『pioniX SEASONS 「炎昼」』の試聴も公開中なので、お聴き逃しなく!

オフィシャルインタビュー

田所陽向さん(数寄川 零 役)・千葉瑞己さん(御風呂庵 役)

田所陽向さん(数寄川 零 役)・千葉瑞己さん(御風呂庵 役)

<pioniX SEASONS 「炎昼」より田所陽向さん(数寄川 零 役)、千葉瑞己さん(御風呂庵 役)、中島ヨシキさん(天城士欧 役)、住谷哲栄さん(羽柴玄尉 役) 「Glare Down」レコーディング終了後オフィシャルインタビュー>
※以下敬称略

――楽曲「Glare Down」とレコーディングの感想をお願いします。

田所:「春風」と同じく、今回もトップバッターの収録でした! 「自分が土台になるぞ!」という気概で収録に臨みました。零のポジションが、pioniXの中で、バンドで言うベースのような存在なんじゃないかな、と思ったので、目立つところは目立つ、他のメンバーのところは立てる!と、メリハリをつけてみました。あとは…サビが高かったですね(笑)


千葉
:曲を初めに聴いたときに「お…こういうので来たか!? こんな曲もやるんだ!?」と思いました! 曲調も歌詞もかなり攻めてますよね。いつもは楽曲の完成図を予想しながらレコーディングするんですが、今までの曲と比べて歌割りや掛け合いが複雑だったので、それがなかなか難しくて…。呂庵くんはどんな曲でも雰囲気に合わせたアプローチできると思っているので、その面で悩んだのと、ドラマ収録後のインタビューでもお話したんですけど、ニクスの中で呂庵くんはどんどん「先輩」としての役割にシフトしているので、楽曲の中でもそうであるべきなのかな…と、色々と試行錯誤しながら収録させていただきました。


中島:前回の「春風」がすごく爽やかでニクスらしくないと思っていたのですが、今回も全く別のジャンルに「らしくない」曲だなと思いました。ドラマを収録してからレコーディングをしているのでドラマとのリンクも感じられましたし、士欧メインの巻ではあるけど、どこか玄尉のことを歌っているような気もしました。


住谷:皆さんきっとおっしゃっていると思うんですけど、ギャップがすごいです! 帷は特に「らしくない」と感じる曲でした。今回は玄尉が作った曲ということで、彼も作る曲の幅が随分広くなりましたよね。帷が結成してから数年経って、玄尉は成長したのか、もしくは、これまでも持ってはいたけど出す機会のなかったものを表現できるようになったのかなと思います。pioniXの四人がいるからこそできた曲なんだろうなと感じました。士欧のギラギラした感じが表現されているのと、ドラマのキーワードである「黒い太陽」が歌詞にも入っていて、まさにSEASONSシリーズの夏を象徴する曲だと思います!
――聴きどころを教えてください。
田所:Dメロの部分でしょうか……。「抱擁力系」「獣っぽい系」「更に獣っぽい系」の3パターン収録したので、どれになるか楽しみです! K-POPを感じる楽曲なので、魅せる場所はたくさんあるんじゃないかなと思います!


千葉:担当パートの歌詞に注目してほしいです! インフィニはいつも、「この歌詞を零が、呂庵が歌うんだね」としっくりくるのですが、帷の……「嘘でも受け入れるから」という歌詞にドキドキしています!!! どう解釈したらいいんだろう……と(笑)。あとは、Dメロはソロパートが連なっているんですけど、そこでの零が攻めていてびっくりしました! ニクスの曲は歌詞と担当しているキャラの関係性を考えるのがとても楽しいので、是非皆さんも考えながら聴いてみてください。今回は士欧プロデュースで玄尉が作った曲、というところにもグッとくるものがあると思いますので、想いを巡らせていただければと思います!


中島:四人で歌うときは基本短いソロか二人あるいは四人で歌うパートが多いのですが、士欧の長めのソロがあるので、そこは是非聴いていただきたいです。今回は歌割が掛け合いのようになっていて、Dメロとかおしゃれですよね。細かくパートは分かれているけど、流れるように聴いてもらえると思います。ライブで歌うのは難しそうですけど!(笑)


住谷:歌い分けが入り組んでいて、最後まで飽きが来ないのが魅力だと思います! もしかすると、どのフレーズが誰かわからないかも…?と思うくらい複雑なので、是非ご自身の耳で聴き分けてみてください!(笑)

中島ヨシキさん(天城士欧 役)、住谷哲栄さん(羽柴玄尉 役)

中島ヨシキさん(天城士欧 役)・住谷哲栄さん(羽柴玄尉 役)

――最後にメッセージを一言をお願いします。

田所:インフィニの「love music」のような、The爽やかな夏! というイメージとはまた違った、じわじわと暑くなるような曲で、ノリやすい曲だと思います。四人の声が合わさったらどうなるか、今の段階ではまだわからないので、僕も出来上がったものを聴くのが楽しみです!


千葉:pioniXとしての収録を重ねる度に今までにない化学変化を感じて、演じている僕自身もこの先が楽しみになります! 曲もドラマも、色々と考察しがいのある内容なので、この想いを皆さんと共有したいです……! 応援してくださっている皆さんにも、きっと彼らはたくさんの景色を見せてくれると思うので、これからもよろしくお願いします。


中島:『春惜しむ』の呂庵くん然り、このシリーズはメンバー一人ひとりにフィーチャーしているので、キャラクターの掘り下げが進んで、彼らのことが知れるCDとなっています! 士欧は、これまで一歩下がるような子だったのが、ドラマを通して静かに燃えるものを持っていることがわかったので、それが曲でも表現できていれば嬉しいです。


住谷:今回は士欧にスポットがあたった巻……と言いつつ、士欧がドラマの中で大きく変化するというよりは、今後きっと変わっていくんだろうと想像ができるような巻になっていると思いますので、是非、今後の成長を楽しみに聴いていただければと思います!

pioniX SEASONS 「炎昼」商品概要

30 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません