柿原徹也「ナツと共に成長してきました」|『FAIRY TAIL』TVアニメ10年の歴史に幕

柿原徹也「ナツと共に成長してきました」|『FAIRY TAIL』TVアニメ10年の歴史に幕
最終回となる第328話の放送が迫るTVアニメ『FAIRY TAIL』ファイナルシーズン。5月に行われた最終回アフレコでの集合写真と、柿原徹也さん、平野綾さんらメインキャストによるコメントが到着しました。
IMAGE
TVアニメ『FAIRY TAIL』ファイナルシリーズの最終回アフレコが行われ、集合写真とメインキャスト5名(柿原徹也さん、平野綾さん、釘宮理恵さん、中村悠一さん、大原さやかさん)からのコメントが到着しました!

また、来週7月30日(火)からはTVアニメ『FAIRY TAIL』全話を振り返るTwitterキャンペーンがスタートします。

TVアニメ『FAIRY TAIL』最終話の登場キャラクターは総勢65名以上!

原作『FAIRY TAIL』(フェアリーテイル)は、真島ヒロさんによる漫画で、「週刊少年マガジン」(講談社刊)において2006年から2017年まで連載。幅広い年齢層に愛され、海外からも高い評価を受け全世界累計発行部数6,000万部(コミックス全63巻)を超える大ベストセラーとなりました。また、TVアニメシリーズは2009年から現在まで放送され、こちらも長く愛されるアニメ作品となっています。

魔導士ギルドは、探し物から魔物討伐まで、いろいろな依頼を魔導士に仲介してくれるところ。その中でも個性的な魔導士たちが集まっていることで有名なのが、魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」。火の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)のナツ、相棒で猫のハッピー、星霊魔導士のルーシィ、氷の造形魔導士グレイ、S級魔導士エルザたちが所属し、彼らは仲間と共にさまざまな依頼に挑み、さらには自分たちの運命をも左右する壮絶な戦いに臨んでいきます。

去る5月6日に行われた最終話(第328話)のアフレコには総勢60名の豪華キャスト陣が参加し、10年間続いた本シリーズの最終回らしい、とても活気のある賑やかなアフレコ現場となりました。最終話の登場キャラクター数は65名以上に上り、30分弱のTVアニメ1話でこれほどのキャストが一堂に会するのは前代未聞の出来事です。

なお、今回到着したキャストコメントでは、様々な心情が語られました。主人公・ナツ役の柿原さんは「第1話はナツ、ルーシィとハッピーの3人だったのが、10年経ってこんなにも沢山の仲間達に増えていました。」と長く続いた本作を振り返り、「ナツと共に歩んできて、ナツと共に同じ時間を共有し成長してきました」と10年間演じたキャラクターへの思いを語りました。

グレイ役の中村さんは「ジュビアが身を挺したあのシーンは、これまでよりも演じる時に力が入ったのを覚えています。」とコメント、エルザ役の大原さんは「実の母であるアイリーンとの対決は、心からも喉からも(笑)血が出る思いで収録しました。」とファイナルシリーズを振り返っています。

また、ルーシィ役の平野さんは「ラストシーンでは本当に泣いてしまい、スタジオでみんなにバレないようにするのが大変でした。」と語り、ハッピー役の釘宮さんからは「最終回の収録は、作中の妖精の尻尾(フェアリーテイル)そのものといった雰囲気でした!」と各々最終話のアフレコについてコメントを寄せました。
なお、その他キャストからのコメントは後日公式サイトにて公開される予定です。
16 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは