『ましろのおと』第十一話「枷」あらすじ&場面カットが到着! 雪の演奏がついに、始まる――

掲載/更新 0
『ましろのおと』第十一話「枷」あらすじ&場面カットが到着! 雪の演奏がついに、始まる――
テレビアニメ『ましろのおと』第十一話「枷」のあらすじ&場面カットが到着しました! 雪が弾くのは、祖父の音か、自分の音か。彼の演奏がついに、始まる――。
2021年4月2日深夜2:25よりMBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠にて放送開始、羅川真里茂による津軽三味線×青春ストーリー『ましろのおと』
この度、6月11日より放送が開始される第十一話「枷」のあらすじ&場面カットが到着しました。

第十一話「枷」あらすじ&場面カット

☆あらすじ☆
独奏の途中、弦が切れてしまうアクシデントに見舞われる梶。
だが、残る2本の弦で見事な演奏を続けるその姿に、雪の心は動かされた。
そして、この大会を開催した母梅子の真意を聞かされた雪。
雪が弾くのは、祖父の音か、自分の音か。彼の演奏がついに、始まる――。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません