斉藤壮馬、“読書をしながら飲みたい日本酒”を2000本限定で製造!AGFにも出展決定

掲載/更新 0
斉藤壮馬、“読書をしながら飲みたい日本酒”を2000本限定で製造!AGFにも出展決定
人気声優の斉藤壮馬さんが出身の山梨県を代表する日本酒「七賢」とコラボレーションしたオリジナル日本酒を製造! 2021年11月6日(土)・7日(日)に開催されるアニメイトガールズフェスティバル2021にも出展します。 
IMAGE

斉藤壮馬、“読書をしながら飲みたい日本酒”を製造!

声優・斉藤壮馬さんが、山梨県白州の水を体現する日本酒づくりを行う山梨銘醸株式会社とコラボレーションしたオリジナル日本酒が2000本限定で発売されます!
故郷への感謝と、斉藤壮馬自身も虜になった地元酒蔵のおいしい日本酒をぜひ味わってほしいという気持ちから生まれたコラボレーションとなっています。
日本酒のテーマは「読書をしながら飲みたい日本酒」。実際に酒蔵に赴き稲刈り体験や打ち合わせを行い、イメージや味の方向性を決定。読書家としても知られる斉藤壮馬ならではの日本酒を目指して鋭意醸造中です。
オリジナル日本酒は2000本限定で発売。
本コラボレーション仕様の特別BOXに、オリジナル日本酒と特製冊子を封入予定。
2021年11月1日(月)17時より予約開始となります!
購入詳細は販売ページをご確認ください。

商品概要

純米大吟醸 720ml
予約開始:2021年11月1日(月)17時
販売場所:https://newxnew.shop/products/sss
お届け:2022年1月末発送開始予定
価格:9,980円(税込) ※別途送料

最新情報は随時公式Twitter等にて公開
Twitter: @SSS_collabo ( https://twitter.com/SSS_collabo )

販売元:株式会社ジェムインダストリーズ
企画・発売元:株式会社MOGURA ENTERTAINMENT
協力:中外鉱業株式会社

※仕様やお届け時期は変更になる可能性がございます。


■山梨銘醸株式会社について
1750年(寛延3年)の創業以来、山梨 白州の水と米、人の手によって、地元白州の水を体現できる酒を醸す酒蔵です。

公式HP:https://www.sake-shichiken.co.jp/

12 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません