【写真あり】黒羽麻璃央、染谷俊之、牧島輝『世界遺産劇場』アフターレポートが到着

掲載/更新 0
【写真あり】黒羽麻璃央、染谷俊之、牧島輝『世界遺産劇場』アフターレポートが到着
2.5次元舞台などで活躍中の俳優、黒羽麻璃央さん、染谷俊之さん、牧島輝さんの3名が大阪・堺市にて行われた『世界遺産劇場』のリーディングライブに出演! オフィシャルフォト&キャストコメントと共にアフターレポートをお届けします。

『世界遺産劇場』に人気の2.5次元俳優が初参加!

第42回世界遺産劇場が2022年2月15日(火)大阪・フェニーチェ堺で開催され、黒羽麻璃央さん染谷俊之さん牧島輝さんによるリーディングシアターが上演されました。

世界遺産劇場とは、日本国内の世界遺産を会場にしてパフォーミングアーツを行うことで日本の伝統文化を継承していく企画。過去には人気キャラクターの初音ミクとコラボレーションした人形浄瑠璃や、斉藤壮馬さん伊東健人さんら人気声優が出演する朗読劇なども上演されていますが、ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズなどアニメ・ゲームの舞台化作品、いわゆる2.5次元舞台で活躍する若手の舞台俳優が出演するのは初めての試みでした。
会場となった大阪・堺市には令和元年度に世界遺産に登録されたばかりの百舌鳥古墳群が存在しており、黒羽さん自身も公演前日、実際に古墳を見学し「自分にとっては『教科書で見たことがある前方後円墳だ!』という感想でしたが、堺の街には溶け込んでいて、この街に住む人にとっては生活の一部なんだと感じました。 」と目を輝かせました。

二部構成となっており、第一部では国文学者で元堺市博物館館長の中西進さんによる講演と、中野信子さん(脳科学者)、古市憲寿さん(社会学者)と黒羽麻璃央さんによるトークショーが行われました。

古市さんは「地方の有力者たちが前方後円墳を作るのは、田舎の商店がセブンイレブンに鞍替えするのと同じ」というユニークで分かりやすい例えで前方後円墳ブームを解説。
中野さんは古墳を作った有力者たちについて「どのように人を魅了してモチベーションを高めていたのか気になります。演劇のようなものもあったのかもしれないし、巧みなトーク力で魅了していたのかもしれないですね。」と黒羽さんや古市さんの活躍を例に挙げ、黒羽さんは終始頷きながら2人の解説を聞いていました。

世界遺産について今後やってみたいことを聞かれた黒羽さんは出演作品からインスピレーションを受けてか、「擬人化して舞台化できたら、舞台のファンも世界遺産のファンもお互いのジャンルに興味を持てるのでは……百舌鳥古墳群は緑、厳島神社は赤っぽいイメージで、1人くらいツンデレキャラがいたら面白い。」と想像を膨らませました。
第二部のリーディングシアターでは日本神話で荒くれものの男神として知られる“スサノオ”の古事記をもとにした『スサノオ異伝』が上演され、黒羽さんがスサノオ役を、染谷さん、牧島さんは何役かを掛け持ちして演じ、それぞれの存在感を遺憾なく発揮しました。

物語は老人(演・染谷俊之)が孫である少年(演・牧島輝)に語り掛けるシーンから始まり、その後も染谷さんがストーリーテラーとして進行するため、神話や古事記に詳しくなくとも非常に分かりやすい内容に。会場には静謐な空気感が漂う分、雄々しいスサノオの声がよく響いていた。

黒羽さんは「実はスサノオみたいな荒々しいというか、男性ホルモンが強そうなキャラクターのオファーいただくことが今までなかったので(笑)、新境地です。神話の神様って意外と人間らしいところが沢山あるんだなと思いました。自分たちが生まれて育った国の話なので、これをきっかけに興味を持ってもらえたら。」と語りました。
神様らしからぬエピソードを数多く持つ“スサノオ”に染谷さんも「本編では詳細が省略されていますがスサノオが機織女(はたおりめ)を殺してしまった時のエピソードも衝撃でした。調べれば調べるほど『何でそんなことに!?』というエピソードが沢山出てきて面白いです。」と語り、同じく古事記についてかなり調べたという牧島さんも「調べれば調べるほどとても奥深くて、相関図が作れそうでした。また、意外と今の自分の生きている時代に結びついているのが分かって驚きました。僕がこういった作品に出演することで興味を持ってくれる人が増えたら嬉しいです。」とファンにメッセージを寄せました。

本公演のダイジェスト映像は3月中旬に「堺動画チャンネル」にて公開予定となっています。

取材・文:通崎千穂(SrotaStage)

→次ページにキャストインタビュー全文を掲載
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません