佐藤流司、塩野瑛久ドラマ『Re:フォロワー』第10話(最終話)あらすじ&場面写真をUP!

佐藤流司、塩野瑛久ドラマ『Re:フォロワー』第10話(最終話)あらすじ&場面写真をUP!
西銘駿さんや塩野瑛久さん、そして佐藤流司さんや和田雅成さんらが出演するドラマ『Re:フォロワー』。ついに最終話である第10話をあらすじと場面写真をお届けします!
『仮面ライダーゴースト』西銘駿さん『獣電戦隊キョウリュウジャー』塩野瑛久さんがダブル主演、さらに2.5次元界のトップランナーとして絶大な人気を誇る佐藤流司さん舞台『刀剣乱舞』で人気急上昇中の和田雅成さんが競演!

「裏アカ男子」が悪を翻弄するSNSサスペンスが誕生! TVドラマには描かれなかったストーリーの舞台化も決定した壮大なドラマ・舞台連動企画がついに最終話を迎えます。

11年前、クレシダ事件の起こった草原にたどり着く一十三と美奈。2人を追って草原にやって来たのは…?
ついに、闇に葬られた真相がすべて明らかになる!そして、一十三の復讐劇の結末は…!?

■公式サイト:https://www.asahi.co.jp/refollower/

最終話(第10話)あらすじ&場面写真(全8枚)

とある地方の駅に降り立った逃亡中の一十三(西銘駿)美奈(喜多乃愛)。2人は、11年前、クレシダ事件の起こった草原へ向かう。

一方、優作(塩野瑛久)は電車に揺られながら、2年前のことを思い出していた。占い師と話す優作に近づき、「クレシダ」のアカウントを告げる見知らぬ男のことを…。

友木(和田雅成)は、一十三と美奈の行方を追う警察の事情聴取を受けながら、弁護士としてクレシダ事件を担当していた亡き父、保(阿部裕)のことを思っていた。事件の闇に葬られた真実に怒り悲しみ、息子の前で涙を流した保。そんな姿が忘れられず、働きながら弁護士を志して勉強していた友木。そして、2年前、一十三の保護観察をしていた五島(谷口賢志)と連絡を取る。2人は一十三について、ある約束を交わしたのだった。

そんな五島は、防衛大臣・角光が倶利伽羅会とクレシダ事件に関わっていたという大スクープ記事を書いたことで命を狙われる。暴漢に刺され、争っているところへ、刑事の荻島(萩野崇)が到着。危機一髪で助けられた五島は、病院に向かおうとする荻島に刃を向け、「行かなきゃいけない」と告げる。荻島もまた、クレシダ事件の闇に憤る一人だった。2人は一十三たちが向かった場所を目指す。

事件の起こった草原にたどり着いた一十三と美奈。そこに現れたのは…! 驚く美奈に彼はすべてを語り始める。そして、一十三の復讐劇の結末は…!?
14 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは