沢城千春“男性同士の恋”に「気持ちが呼び起されそう(笑)」 朗読劇『サイレント騎士LOVE』

掲載/更新 0
沢城千春“男性同士の恋”に「気持ちが呼び起されそう(笑)」 朗読劇『サイレント騎士LOVE』
沢城千春さんや高木渉さん、橘龍丸さんらが出演する朗読劇『サイレント騎士LOVE』の詳細が明らかになりました♪ 舞台はとあるアニメのアフレコ現場。一癖も二癖もある声優たちの群像劇が楽しめます。終演後にはキャストによるトークショーも♪
「劇団浜松町」主催の朗読劇『サイレント騎士LOVE』の詳細が明らかになりました!
沢城千春さんや高木渉さん、橘龍丸さんらが出演し、アフレコ現場を舞台にした群像劇を繰り広げます。
今回はダブル主演を務める沢城千春さんからのコメントも到着しています♪

沢城千春さんインタビュー

――この作品のイメージを教えてください。
沢城:(劇団浜松町では)前回も朗読劇をやらせて頂いて、その時は完全にバラエティな感じだったんですが、今回は比較的真剣なシーンが多くて、演じていて身が引き締まる思いです。

――本作では「男性同士の恋」がテーマになっていますが、演じるにあたってどんな気持ちですか?
沢城:僕は「男性同士の恋」を演じた経験があまりないんです。今は(自分の中の)0.2%くらいの女の気持ちが呼び起されそうな気持ちです(笑)
稽古をしたり台本を読んだりしていて、「あれ? ちょっとそういう楽しさも分かるかな?」と思い始めている時期です(笑)

――今回はW主演でもある高木渉さんの掛け合いシーンがありますが、稽古をしてみていかがですか?
沢城:僕は高木渉さんとは初めて共演させて頂くんですけど、「お手本にしたい」というお芝居です。
台本上では普通の台詞なんですけど、高木さんが言うとなんでも面白くなってしまう。本当にお芝居のふり幅のすごさというものを感じていて、(稽古中)とても勉強させて頂いております。

――(共演者の)橘龍丸さんとはどうですか?
沢城:龍丸くんは昔から(大衆演劇や舞台の)お芝居をやられてますから、彼からも勉強させて頂いてます。
読み合わせの時、隣でお芝居させて頂いたんですけど、緩急の使い方なんかが本当にお上手で……。同じ事務所でもあるので、とても心強いです。

――イジリー岡田さんはどうですか?
沢城:声優として活動している人生で、イジリー岡田さんと共演する日が来るとは思わなかったです(笑)
やっぱり、いるだけですごく存在感がありますし、台本には「これぞイジリーさんだ!」という場面もあります。こちらも勉強させて頂いて、声優業に活かせたらと思っております!

――ファンの皆さんにメッセージをお願いします。
沢城:朗読劇が初めての方も、観たことあるよという方もいらっしゃると思うんですけど、(今作は)本当に難しいところは全然なく、すっと入ってくる分かりやすい物語となっております。
キャスト一同、心を込めて演じさせて頂きますので、皆さん時間がありましたら、ぜひぜひ遊びに来て頂ければと思います。

――出演後はトークコーナーもあるんですよね。
沢城:そうですそうです! この(劇団浜松町の)朗読劇では恒例のコーナーです。前回もすごく好評でした!
高木渉さんのバラエティトークを聴けることはなかなかないですし、イジリー岡田さんもいるので笑いが溢れること間違いなしのコーナーになると思いますので、こちらも楽しみにしていてくださいね!

――ありがとうございました!

劇団浜松町・朗読劇『サイレント騎士LOVE』

12月14日(土)・15日(日)、文化放送メディアプラスホールにて、
「劇団浜松町」による第2回公演の朗読劇「サイレント騎士LOVE」がおこなわれます。
公演日ごとに「男性キャスト版」「女性キャスト版」となっており、それぞれ違った雰囲気が味わえます。

演出は、舞台「おそ松さん」「喜劇おそ松さん」やヘロヘロQカムパニー「声優に死す」「電波ヒーロー」を手掛ける小野真一さん。
脚本は、放送作家のつづき秀雄さん・白土夏海さんとなっています。

14日(土)公演は男性キャスト版

14日(土)のキャストは、「名探偵コナン」などのアニメ・洋画の吹き替えを数多く務め舞台活動も精力的に行なっている声優の高木渉さん。
「Caligula –カリギュラ–」「A3!」など活躍する声優の沢城千春さん。
「忍たま乱太郎」「岐阜のたてかよこ」などで活躍する声優の前内孝文さん。
そしてモノマネから司会と幅広く活躍するタレント・役者のイジリー岡田さん。
31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません