歴代りぼんで一番好きな漫画、3位『ママレード・ボーイ』!『神風怪盗ジャンヌ』『天使なんかじゃない』は何位?

掲載/更新 0
歴代りぼんで一番好きな漫画、3位『ママレード・ボーイ』!『神風怪盗ジャンヌ』『天使なんかじゃない』は何位?
漫画読者の男女500名を対象に、「歴代りぼんでいちばん好きな漫画」調査が行われました。3位には『ママレード・ボーイ』がランクイン。1位は誰もが知ってるあの作品! 種村有菜先生、矢沢あい先生、藤井みほな先生のあの名作もは何位?
日本最大級ドラマ口コミサイト「TVログ」内のドラマ情報Webマガジン「TVマガ」を運営する株式会社猿は、漫画読者の男女500名を対象に、2021年8月18日〜8月20日まで「歴代りぼんでいちばん好きな漫画」の調査をWeb上で行いました。

本記事では、その結果を公開いたします。
3位には『ママレード・ボーイ』がランクイン。種村有菜先生矢沢あい先生藤井みほな先生の名作は何位?

12位

CD『有閑倶楽部』イメージアルバム

CD『有閑倶楽部』イメージアルバム

『有閑倶楽部』
テレビドラマ化され、魅録を赤西仁さん、清四郎を横山裕さん、美童を田口淳之介さん、野梨子を香椎由宇さん、可憐を鈴木えみさん、悠理を美波さんが演じました。

■選んだ理由
「日本トップレベルの富裕層の子息·令嬢の更に上を行く6人のハチャメチャな活躍が楽しくて、多少法に触れそうな事をしても正義感故の行動だったりするので、とても楽しく読んでました。大人になった今も大好きです」(ユー)

「超お金持ちの通う私立高校の、さらに頂点のお金持ちの生徒会メンバー(見た目も良い)のお話という非現実的なお話だったが、とても楽しく読んでいました。一条ゆかり先生の書く緻密な美しい絵も好きでしたし、たまにミステリーホラー的なストーリーもあり、単なる少女漫画という感じではなかったため」(りこ)
『お父さんは心配症』
ドラマ化され、光太郎を大地康夫さん、典子を持田真樹さんが演じました。

■選んだ理由
「当時小学生で、毎月りぼんが発売されるのを心待ちにしていました。歴代のりぼん連載マンガでNo1なのは、間違いなく『お父さんは心配性』です。父親が主役のマンガという構成が斬新で、ストーリーの展開も絵のタッチも全てが好きでした。今考えると、りぼんの編集者も攻めていたなぁと思います」(ロー)

「こんなお父さんは嫌だなと、子供の頃は考えてましたが、親世代になって、なんだかお父さんの気持ちも少しわかるようになりました。殺気立ってたり、後を追うのはやり過ぎですが、娘を心配する親心ですね。時々思い出すほど印象深く、そして思い出深いものです」(esika)

10位

DVD『愛してるぜベイベ★★』 全10巻セット 画像

DVD『愛してるぜベイベ★★』 全10巻セット より

『愛してるぜベイベ★★』
アニメ化され、結平の声を藤田大助さん、ゆずゆを黒葛原未有さんが演じました。

■選んだ理由
「少女漫画なのに恋愛だけがテーマではないことに驚きました。結平とゆずゆの絆に胸があたたかくなる漫画です。ひとりひとりのキャラクターも魅力的。ゆずゆが大人になったあとのストーリーが漫画化されてほしいと思うほど、ずっとキャラクターたちの人生を見守りたい漫画でした」(rie)

「遊びたい盛りの高校生なのに幼児と真剣に向き合う結平の姿に心を打たれます。弱音を吐かずママの帰りをお利口に待ってるゆずゆの心境や、不器用ながらにゆずゆの為に一生懸命になる結平の心境も綺麗に書かれていて母になった今読み返しても考えさせられる作品です。子供の頃はとにかく面白い!ゆずゆ可愛いと思いながら読んでましたが、大人になった今、自分も子育て頑張ろう!もっと子供と真剣に向き合おうと元気を貰える全世代にオススメの漫画です」(kiki)
39 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません