用語集

オメガバース(おめがばーす)

オメガバース(おめがばーす)

意味

海外発祥の創作の特殊設定のこと。正式名称は“alpha/beta/omega dynamics”

海外ドラマ『スーパーナチュラル』の二次創作が発端と言われている。特定の創作の設定をコピーしたものではなく、誰でも使えるオリジナルな設定であったため、BLでも出産表現をしたい日本のBLファンを中心に流行した。

おおまかな設定は以下のとおり。
・人類には男性、女性のほかにα、Ω、βの3種の性が存在。男α、女α、女Ωなど組み合わせにより6種の人類がいることになる。

・α性:人類の中のエリート性。能力が高く、カリスマを持ち合わせることが多いため、上流階級種として扱われる。

・β性:いわゆる普通の人々。人口の大半を占めβ同士で結婚することが多い。

・Ω性:出産に特化した性と呼ばれる。
相手がαであれば男性でも女性でも妊娠出産が可能。3か月に一度、1週間程度の発情期があり、その間は種を残すこと以外のことが考えられなくなる。
発情期間中は、フリーのα、βを誘うフェロモンを放つ。この一定期間仕事ができない、フェロモンで人を誘うという特性のため社会の中では冷遇されている場合が多い。
初めての発情を起こすのは十代の後半。抑制剤を使って、発情を抑えることもできるが、たいてい抑えきれなくてトラブルになる。
特定のαと番(つがい)になることによって、フェロモンが変質。番のαしか誘わなくなる。


発情のせいで自分の意思に反して快楽に溺れてしまったり、特権階級αに劣等感を持ったり、βと結ばれない恋をしてしまったりなど、Ωを中心としたさまざまな葛藤を描けることが大きな魅力。

特定の経典があるわけではないので、作品ごとに細かなマイナールールがある。細かいことは気にせず雰囲気で楽しむのが淑女のたしなみとされる。

2 件

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは