用語集

インフルエンサー(いんふるえんさー)

インフルエンサー(いんふるえんさー)

意味

スペルはinfluencerで、和訳すると“影響者”。主にInstagramやYouTubeなどのSNS上で多数のフォロワーを抱え、行動によって社会に大きな影響を与える人物のことを指す。

2007年頃からブログ利用者の急増に伴い頻繁に使用され始め、三省堂開催の2017年度『今年の新語』では第2位に選出された。

特にインターネットからの発信によって“購買”に影響を与えるケースが多く、インスタグラムやTwitterにおいては “バズる”現象を起こすと言われる。
例えば、ある人気モデルがメイクをする動画を公開したところ、使われたメイクグッズが爆発的に売れた、といった現象である。

インフルエンサーは著名人に限らず、一般のYouTuberやインスタグラマーが多いのが特徴。誰でもある日突然インフルエンサーになる可能性がある。
そんな影響力を企業が利用し、商品などを宣伝することを“インフルエンサー・マーケティング”と呼ぶ。

ちなみに、女性アイドルグループ・乃木坂46の第59回日本レコード大賞受賞曲『インフルエンサー』で、この言葉を知った人も多い様子。
2 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ

関連用語