用語集

接近戦(せっきんせん)

接近戦(せっきんせん)

意味

握手会などで、アイドルや声優の推しメンに直接会うこと。
コンサート等と違い、実際に触れて言葉を交わすことができる状況を、直接拳を交える戦闘スタイルに例えて表現している。ファンにとって、推しメンに会う機会は非常に貴重であり、その場に向かうことは戦いに挑むことにも似た心持ちであることも同時に表現している。

握手会などの接近戦イベントの歴史は古く、アイドルの楽曲販売戦略として、レコードの時代から行われている古典的な手法である。
CDの発売イベントや、ミニコンサート会場など、基本的に参加人数の限られた場所で行われていた。
AKB48が販売CDすべてに握手会参加チケットを添付したことから、ドーム会場で同時に何千人ものファンと触れ合うという巨大イベントが開催されるようになった。

接近戦は、普段画面ごしにしか見れないアイドルと直接触れ合えるという、夢のようなイベントである。だが、参加する戦士は心しておかなければならない。
自分が推しメンの体温と香りを感じるのであれば、推しメンもまたファンの体温と香りを感じるのだということを。彼らに気持ちよく笑顔で活動を続けてもらうため、戦に赴く前には必ずお風呂に入り身だしなみを整えよう。

2 件

Comment

2017-10-18ちょび

得意分野だ。

この記事のタグ

関連用語