用語集

○○ニキ(◯◯にき)

意味

アニキ(兄貴)を略した言葉。

そもそもは2ちゃんねるの『なんでも実況J』板から広まったとされている。この板より生まれた言葉は“なんJ語”といわれ、その起源は阪神の金本知憲監督である。彼は現役時代、ここぞという場面でヒットを打つなど、チームメイトから頼りにされており、その活躍ぶりから“アニキ”の愛称で親しまれてきた。そこから転じ、頼りになるような人を“〇〇ニキ”と呼ぶようになったのである。

同様の意味で、女性に対しては“アネキ”より“〇〇ネキ”と呼ぶ。ただし相手が常人離れしたパフォーマンスを発揮する人である場合は、敬意を込めて、あえて“〇〇ニキ”と呼ぶこともある。例えば、女子レスリングで有名な吉田沙保里選手がそれにあたる。

また、このスラングは何かを得意げにひけらかす人、頼んでもいないのに兄貴風(姉貴風)を吹かせるような人に対して、皮肉を込めて使用する場合もある。尊敬か、はたまた揶揄するつもりで使っているのかは、発言時の状況と文脈を見て判断する必要があるだろう。

2 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!