用語集

孔明の罠(こうめいのわな)

孔明の罠(こうめいのわな)
用語集テストバナー

意味

『三国志』に登場する天才軍師・諸葛亮(孔明)が張り巡らした罠のように、巧妙に仕組まれたトラップのこと。

元ネタは、1971年〜1986年まで連載されていた横山光輝のマンガ『三国志』に登場する魏の将軍・司馬懿(しばい)のセリフという説が有力。
司馬懿は何度も孔明に騙され翻弄された結果、ついには何でもないことも「今自分は罠にかかっているのではないか。いや、そう考えていることがそもそも罠なのではないか」と警戒して身動きがとれなくなり、戦いを前に意気込む部下に「待てあわてるなこれは孔明の罠だ」と発言した。

その時の汗をだらだら流した司馬懿の顔も有名で、漫画『三国志』の公式LINEスタンプに登場している。

"孔明の罠"じゃないことも?

5 件
aichu
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは