用語集

ヌクモリティ(ぬくもりてぃ)

ヌクモリティ(ぬくもりてぃ)

意味

ヌクモリティ(ぬくもりてぃ)とは、“ぬくもり”と“クオリティ”を合わせたネットスラング。主にインターネットの掲示板において、相手を思いやる優しいレスやコメントが沢山つくこと、またはその温かい雰囲気を形容するために使われる。

“クオリティ”というのは、「それが○○クオリティ」というネットスラングが由来。そういったこともあり、発祥はおそらく2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)。

“ヌクモリティ”現象の有名な例として、かつて存在した『1時間で1000いったら生きてみようと思う』というスレッドがある。
悩みを抱えていると思われるスレッド主が、「1時間以内に1000コメントつけば、それだけ俺を必要としてる人がいると思っていいんだよな?」といった発言したところ、「生きろ」「俺たちの力を見せてやる」など次々と温もり溢れるレスがつき、1時間まで残り2秒というところで見事1000コメントを達成した。

いまでは掲示板のレスに限らず、TwitterなどのSNS上では「実家のヌクモリティ最高」など、色々なあたたかさを表す言葉として使われている。

例)
「なんというヌクモリティ溢れる最終回」
「膝に猫のぬくもりてぃー感じてる」
2 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ

関連用語