用語集

イナゴ(いなご)

意味

特定のジャンルを持たず、そのとき流行っている人気のあるマンガやアニメ、ゲーム、ライトノベルなど旬な作品やカップリングに飛びつき、一通り騒いだ後に次の流行ジャンルに流れていくファンのこと。
畑の作物を食い荒らし、次の獲物を求めて飛んでいく直翅目・バッタ亜目・イナゴ科に属するバッタ類の総称"イナゴ"から、こう呼ばれるようになった。
主にマナーの悪いファンを侮蔑・批判する際に使われる言葉で、数字の語呂合わせで“175”と表記されることも。

二次創作をしている同人サークルにおいて、その時々で異なるジャンルで創作活動を行うサークルを"よろずサークル"と呼んだりもするが、"よろずサークル"はあくまでも好きな作品を取り上げていることが主であり、"売れる"、"金儲けになる"という理由で、旬のジャンルやカップリングで活動をし、流行りジャンルを渡り歩くサークルを"イナゴサークル"と呼ぶ。

"人気ジャンルを食い荒らしていく"というニュアンスで使用される否定的な言葉である。

2 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!