用語集

初見殺し(しょけんごろし)

初見殺し(しょけんごろし)

意味

ゲームで予備知識なしでは絶対に回避することのできない攻撃や罠のこと。

不意をつくような強力な攻撃、予備動作なしで発動するトラップ、通常の攻撃コマンド以外の特別コマンドでなければ倒せない敵など、種類はさまざま。今までのプレイスタイルや知識が一切通用しないため、初めて遭遇したプレイヤーは確実にゲームオーバーとなる仕様。逆に二回目以降は知っていれば回避できる“出オチ”トラップとなるので、一度殺されたあとは比較的簡単にクリアできることが多い。

理不尽な仕掛けにも見えるが、製作者からプレイヤーに対する仕掛けやメッセージ性をこめたものであり、初プレイで殺されたからこそ二回目以降が楽しめるという作品も多い。

オンライン協力プレイゲームなど、複数人で遊ぶゲームで初見殺しな仕掛けがあった場合、ベテランプレイヤーから遊ぶ前にプレイ動画で予習しておけよ! と言われることもあるが、それはさすがに理不尽な物言いなので無視してよい。

2 件

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは