用語集

割れ(われ)

掲載/更新 0
割れ(われ)
用語集テストバナー

意味

「割れ」(われ)とは、違法にライセンス取得、またはアップロードされたソフトウェアのこと。

語源は、非合法に販売されている商用ソフトウェアを指す英語「Warez」。これをローマ字読みすると「ワレズ」となることから、「割れず」「割れ」というネットスラングが誕生した。

なぜ「割れ」と呼ばれ始めた?

掲示板などで取引する際に、違法アップロード、非合法ソフト、などとそのままストレートに書いてしまうと、すぐに摘発されてしまう。
そのため非合法であることを匂わす隠語として表現が発達していった。
使用例:
「イトコの兄ちゃんが、また最新ゲームプレイしてるんだよなー」
「この間も、新しいの買ってなかった? お小遣い大丈夫なのかな」
「私もそう思って聞いたら、“割れ物”だから平気って」
「それ違法アップロードソフトをズルして使ってるんじゃん! 別の意味で大丈夫じゃないよ!」

それでも違法行為です!

商用ソフトウェアは、データであるがゆえに実体がないように見える。だが、正式なライセンスなしにダウンロード、使用することは開発元の販売機会を妨げる泥棒行為である。

どんなに魅力的な謳い文句が添えられていても、絶対に手を出してはいけない。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません