用語集

投げ銭(なげせん)

掲載/更新 0
投げ銭(なげせん)
用語集テストバナー

意味

ストリートミュージシャンやネット配信者などに対し、そのパフォーマンスを褒めたり応援したりする意味で金銭を与えること。
または、コンテンツを応援するために同様の行為を行うこと。

もともと、大道芸、路上パフォーマンスで地面に置かれた缶やギターケースにお金を投げ入れて渡す慣習があることから、ネットでも“投げ銭”という言い方が継承されている。

ライブ配信への投げ銭

有名なのは『SHOWROOM』などで行われるライブ配信への投げ銭。
配信の最中に視聴者がバーチャルギフトを付与⇒受け取った側はそれを換金することができる(ただし手数料がかかる)。

まだあまり知名度のないアイドルを応援するためにファンが投げ銭をするパターンが多いが、中には、アイドルになりたい一般人を応援するために投げ銭がされることもある。

コンテンツへの投げ銭

また、記事や音楽などを投稿できるサービスでコンテンツを閲覧したユーザーが、コンテンツの作成者に応援の意味で寄付することも投げ銭と言われる。
ネット投げ銭の多くは1ドルや100円など少額から行える場合が多く、誰もが気に入ったパフォーマーorコンテンツに気軽に寄付できる。
もし、今後の活動を応援したい人がいる場合、気に入ったコンテンツがあり次回作にも期待したい場合は、気軽に投げ銭してみるのもいいだろう。
ただし、ライブ配信中に何度も投げ銭すると「認知厨」と言われてしまうこともあるので注意しよう。
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません