用語集

薄い本(うすいほん)

薄い本(うすいほん)
用語集テストバナー

意味

同人誌のこと。

カフェなど同人誌と大声で呼ぶことがはばかられる、公の場での隠語として使われる。同人誌には過激な性的表現が含まれることが多いため、このような隠語が産まれたと思われる。言葉の前に形容詞をつけて“自費出版の薄い本”、“高価な薄い本”と表現されることもある。

アニメ・ゲームなどをモチーフとした同人誌は、B5~A4サイズの30ページ前後の、非常にページ数の少ない“薄い”本であることから、こう呼ばれた。

同人誌が薄いのはおもに個人で発行されているものだからである。ページ数が増えれば、そのぶん発行にかかる費用がかさみ、同人誌自体の値段も跳ね上がる。買い手が購入しやすい手頃な値段で発行できる値段がだいたい、30ページ程度だと言われる。費用のほかに、製作にかけられる手間の問題がある。執筆者のほとんどはアマチュアであり、もちろんアシスタントなど存在しない。

そのため、年2~3回一人で執筆できるページ数としてもこの程度が限界だという執筆者も多い。

1000円の薄い本を大量に買い込んできたあとに、ふと本棚に並んでいる1冊200ページ500円前後の商業マンガ単行本を見て、ページ単価という言葉が頭をよぎることがあるが、考えたら負けである。

まれに、既刊の総集編や合同誌などで数百ページを超える大物同人誌が発行されることがあるが、隠語として使う場合は、やはり“薄い本”と称される。

2 件
A3 600DL3
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは