用語集

○○したいだけの人生だった(したいだけのじんせいだった)

掲載/更新 0
○○したいだけの人生だった(したいだけのじんせいだった)
用語集テストバナー

意味

「○○したいだけの人生だった」(したいだけのじんせいだった)とは、主にインターネット上で見られる、オタク構文のひとつ。

○○にやりたかったことを入れて、思いを強調するために使う。
今わの際で過去を振り返るような言い回しではあるが、現在進行形の願望に使う場合も多い。

オタクに使われ始めたのは10年前!

語源は不明。
少なくとも2012年には、多数のTwitterユーザーがこの構文を使用している。

一部で「音楽家・マンガ家・イラストレーターのノッツ氏が投稿したイラストシリーズが元ネタ」という説が出回っているが、これは誤りであると本人が否定している。

「~したい人生だった」の使い方は?

短縮形の「○○したい人生だった」も同じような意味合いで使われている。

使用例:
「推しの武道館コンサートを観たいだけの人生だった」
「彼女と放課後に制服デートして、自転車で笑いながら坂道を下りたいだけの人生だった」
7 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません