広告をスキップ

セミファイナル(せみふぁいなる)

意味

「セミファイナル」(せみふぁいなる)とは、夏の風物詩。

地面に落ちて死んでいると思っていた蝉に近づいた途端、急に暴れて動き出し、驚かされた経験はないだろうか。
この蝉の最期の大暴れこそが「蝉ファイナル」で、別名「セミ爆弾」とも。

セミが人生の最期を迎える直前の状態とスポーツの準決勝、ボクシングではメインイベントの直前の試合を指す「セミファイナル」をかけたブラックジョークでもある。

「蝉ファイナル」の呼び方はSNS募集で決まった?

2012年にイラストレーターの凸ノ氏が、この「死んだと思った蝉が実は生きていて突然暴れ出す現象」につける名前を自身のSNSで募集し、採用して以来、語感の良さから大いに広まってネットスラングとなった(※1)

なお、脚が開いていれば生きており、閉じていれば死んでいるという見分け方があるともいうが(※2)、虫嫌いには難しい所業かもしれない。
できればあまり遭遇したくない生死をかけた準決勝だ。

※1
2012年7月19日投稿、凸ノ氏のTwitter(現X):https://twitter.com/totsuno/status/225756970479656960
※2
2017年8月1日投稿、凸ノ氏のTwitter(現X):https://twitter.com/totsuno/status/892228794810904576

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

オタ腐★幾星霜