用語集

グラデーション便箋(ぐらでーしょんびんせん)

意味

90年代に流行した同人グッズのひとつ。紙の上下、もしくは左右にかけてインクの色がグラデーション状に変化している便箋のこと。

サークルの販売物として、よくスペースに陳列されていた。だいたい10枚100円程度で、ビニールパッケージされて販売される。同人誌の購入者へのオマケとして配られることもある。

十数ページにわたって、マンガを描かなくてはならない同人誌に比べ、便箋用イラストを1枚描くだけで販売物になるため、便箋は同人活動初心者向けの販売物として人気だった。

絵の美しさやコレクション性が重視されていたため、便箋としての使い勝手は二の次なことが特徴。文字を書くことができる面積が非常に狭く、50文字程度しか書けないものもざらであった。

一番廉価な便箋は上質紙に1色刷り。インクを複数使い、グラデーションや2色刷りにするのは、印刷費用がかかるため学生にとっては憧れの販売物だった。

同人便箋の人気の高まりにあわせて、各印刷所では様々なプランを用意。そのなかに、キラキラと輝くメタリックパールカラーが登場した。不透明インクを使ったミルキーペンでしか文字の書けない、黒地にパールカラーの便箋という、強者便箋も売り場に花を添えた。

非常に人気のあったグラデーション便箋だったが、交流の手段がネットに移行。個人情報保護の観点から郵便を使わなくなったため、下火となった。
今は90年代に活動していたアラフォーオタクの黒歴史として、ただ押し入れの隅にしまい込まれるのみである。

乱文乱筆失礼いたしました。
2 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!