広告をスキップ

先生、バスケがしたいです(せんせい、ばすけがしたいです)

意味

「先生、バスケがしたいです」(せんせい、ばすけがしたいです)とは、バスケットボールを題材にした井上雄彦による漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)の登場人物・三井寿のセリフ。

名シーンゆえにパロディも多数

中学MVPプレイヤーであり、将来を期待されていたが、膝の負傷で自暴自棄になり荒れていた三井。
不良仲間を引き連れ、体育館で暴れていたところ、恩師・安西先生の登場で様々な思いがこみ上げ、泣き崩れながらこのセリフを口にする。

作中屈指の名シーンだが、そのインパクトゆえに、セリフや表情のパロディも数多く出回っている。

SNS上では、バスケ好きユーザーたちが「○○先生、バスケがしたいです」といったやり取りをする姿も見られる。

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

オタ腐★幾星霜