『半妖の夜叉姫』第2話で浮かび上がったふたつの謎……虹色真珠が物語のカギ?

掲載/更新 1
『半妖の夜叉姫』第2話で浮かび上がったふたつの謎……虹色真珠が物語のカギ?
『半妖の夜叉姫』第2話を振り返り! とわ・もろは・せつなが持つ「虹色真珠」とはいったい何なのか? そして彼女たちの親は何処へ姿を消したのか……考察も盛り上がりました。
IMAGE
高橋留美子先生原作『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。10月10日に放送された第2話「三匹の姫」では、犬夜叉たちのその後が描かれた第1話から一転、時代樹によって戦国時代と現代が繋がり、とわもろはせつなの3人が令和の時代で出会うまでが描かれました。

とわ・もろは・せつなが持つ「虹色真珠」の登場と、彼女たちの親の行方を巡って、さまざまな考察が生まれています。

【1】「虹色真珠」とは?犬夜叉も持っていた?

三つ目上臈の襲撃がきっかけとなり戦国時代から令和へと時空を超えたもろはととわ。彼女たちを襲った三つ目上臈の狙いは、二人の持つ「虹色真珠」でした。
虹色、と名のつく通り「虹色真珠」にはさまざまな色の種類がある模様。第2話で明らかとなったのが、もろはの貝の紅入れの中の「赤色真珠」と、せつなの右目に隠されていた「金色真珠」。

そして本編で真珠の姿は登場しませんでしたが、冒頭で現代へタイムスリップする場面とEDの映像から、とわが左目に銀色真珠を持っているのではないかと考察されています。

どうやらもろははこの「虹色真珠」を妖怪が狙っていることを知っており、賞金を稼ぐためにわざと三つ目上臈をおびき寄せたようですが、一方でせつなは自身が「虹色真珠」を所持しているとは知らなかった様子で、右目から「虹色真珠」を抜きとられてしまうのです。
もろは・せつなから奪い取った「虹色真珠」を体内に取り込んだ三つ目上臈は強い妖力が宿ったことで力を漲らせ、おぞましい姿に変貌を遂げます。さらに、「虹色真珠」に反応した時代樹がトンネルを開き、もろはとせつなは三つ目上臈もろとも現代へ。

骨喰いの井戸を通じ現代までやってきてかごめを戦国時代へと引きずり込み、「四魂の玉」を奪って妖力を増した百足上臈を彷彿とさせるシーンでしたが、かつての「四魂の玉」のように妖怪に妖力を与え、時空を超える時代樹のトンネルを開く力を宿す「虹色真珠」とは、いったい何なのでしょうか。

ネットでは犬夜叉の右目の中に封印されていた「黒真珠」が「虹色真珠」と深く関わっているのではないかと推測する声が多く、「黒真珠」が殺生丸と犬夜叉の父の墓へと通じていたことから「黒真珠も虹色真珠の中の一つで、それぞれの真珠が異世界へ行く力を持っているのでは」との意見や、殺生丸は真珠を持っていなかったため「虹色真珠は半妖だけが持っているものなのかも?」と考える人も。

【2】夜叉姫たちを残し殺生丸らは何処へ?「虹色真珠」が関係?

16 件

この記事のタグ

Comment

2020-10-25しまなみ育ち

一言、初めてくらい感涙が止まらない作品だね。
かごめ説も、りん説も人物人物ですから。どちらも思いました。