原作補完に称賛!アニメ『ONE PIECE』第975話、ふたりの根深い因縁。その切ない理由が明らかに…

掲載/更新 0
原作補完に称賛!アニメ『ONE PIECE』第975話、ふたりの根深い因縁。その切ない理由が明らかに…
アニメ『ONE PIECE』第975話を振り返り! おでんがやり遂げられなかったワノ国開国を果たすため、最期まで尽力したトキの生き様が感動を呼びました。また、イヌアラシとネコマムシ、因縁の理由が明らかに……!
IMAGE
尾田栄一郎先生原作のTVアニメ『ONE PIECE』(ワンピース)。5月23日に放送された第975話は「燃える城!光月一族の運命」おでんの死後、妻のトキは夫の意志を未来へ繋ぐため、モモの助と家臣たちを20年後の未来へと飛ばします。

先週に引き続き、トキの死に胸が痛みましたが、そんな彼女の生き様もまたあっぱれでした。アニメオリジナルの描写から、イヌアラシネコマムシの因縁の原因もアニメオリジナルシーンで明らかに……!?

DVD『ONE PIECE  20thシーズン ワノ国編』piece.6 画像

DVD『ONE PIECE 20thシーズン ワノ国編』piece.6

ゾウ編の伏線回収?仲違いの原因は…

赤鞘九人男のメンバーであるイヌアラシとネコマムシ。それぞれミンク族が暮らすモコモ公国の昼の王、夜の王として国を治めていましたが、二人は目があえば殺し合うほど犬猿の仲でした。

二人の不仲の理由は原作でははっきりとは明かされていませんでしたが、今回のアニメ放送で、おでんの死に対する向き合い方の相違をきっかけに関係が悪くなっていったことが明らかに
15 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません