『ひぐらし卒』第6話 感想と考察 梨花、痛恨ミス…!魅音の恐ろしさに「詩音の方がマシ」「過去イチ酷い」

掲載/更新 0
『ひぐらし卒』第6話 感想と考察 梨花、痛恨ミス…!魅音の恐ろしさに「詩音の方がマシ」「過去イチ酷い」
7月29日(木)、前作『業』の解答編『ひぐらしのなく頃に卒』第6話「綿明し編 其の参」が放送。みんなの感想や考察を、あらすじを交えてご紹介します。※ネタバレにご注意ください
IMAGE
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。
雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”=連続怪死事件を軸に、第1期「鬼隠し編」から第2期「祭囃し編」までが描かれ、2020年秋、完全新作『ひぐらしのなく頃に業』として再アニメ化されました。

今年7月1日(木)からは、『業』の解答編となる『ひぐらしのなく頃に卒』が放送開始。

7月29日(木)に放送された第6話「綿明し編 其の参」では、梨花の‟あのシーン”の思わぬ裏側と、沙都子と魅音‟相討ち”の経緯があきらかになり、視聴者をザワつかせました。SNSなどで特に注目されたポイントは?

梨花、痛恨のミス!意外な理由に驚愕

‟御三家”の誰が祟りを実行しているか、祖母のお魎からも村長からも聞き出せず、いたぶって絶命させてしまう魅音。
発症した魅音は圭一が祟りにあってしまうと焦り、その敵意はもうひとつの御三家・古手家の梨花へと向くことに。
しかし、魅音が梨花を手にかけるきっかけは意外なものでした。

視聴者を驚かせたのは、他の世界と同じく祭具殿に侵入した圭一に、梨花が「もう全て終わってる」「ダメね、入っちゃいけない場所に…」と怒っていたシーン。
梨花は同じあやまちを繰り返す圭一に苛立っただけと思われますが、このやり取りを聞いた魅音は梨花を祟りの黒幕だと確信し、その首を──。

思わぬ裏側の事実に、「え、ここ!?」、「梨花ちゃんがキレただけのシーンだと思ってたら……」、「梨花ちゃん痛恨のミス!」と衝撃を受けることに。
18 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません