『鬼滅の刃』遊郭編【最終話】沢城みゆきと逢坂良太の演技が壮絶…!宮野真守にも「違和感なし」「最高やろ」

掲載/更新 0
『鬼滅の刃』遊郭編【最終話】沢城みゆきと逢坂良太の演技が壮絶…!宮野真守にも「違和感なし」「最高やろ」
2月13日、TVアニメ『鬼滅の刃』遊郭編がついに最終回へ。妓夫太郎と堕姫の絆に多くの人が涙したほか、新声優・宮野真守さんとアニメの続編発表で大盛り上がりとなりました。SNS等で特に注目されたシーンは?
IMAGE
シリーズ初アニメ化となる『鬼滅の刃』遊郭編、最終回(第11話)が2月13日に放送。長かった戦いがついに決着し、妓夫太郎・堕姫の回想を含めた最期に「思わず号泣」する人があふれました。
また、新キャスト・宮野真守さんが続編「刀鍛冶編」の発表でTwitterのトレンドを独占。SNSの声とともに、注目されたシーンを振り返ります。

※記事の特性上、本編の内容に触れています。

Blu-ray『鬼滅の刃 遊郭編 1』

Blu-ray『鬼滅の刃 遊郭編 1』

沢城みゆきと逢坂良太の‟壮絶演技”。妓夫太郎の印象が激変

鬼殺隊をはじめ多くの人を葬ってきた堕姫と妓夫太郎……それでもこの兄妹が人気を集める理由の一つが、過酷な幼少期を生き抜いた‟絆”です。
今回は、二人が自分たちを売り物にして何とか日銭を稼いでいた、人間時代の回想が描かれました。
「あんな劣悪な環境でさえ育ってなかったらって思うと……」、「これは鬼でも憎めない」という声が出たほか、特に兄の妓夫太郎に関しては見え方が一変したよう。

「炭治郎の指折った時は最悪だと思ったけど、炭治郎と同じくらい妹(堕姫)を守ってて、めちゃくちゃ良いお兄ちゃんじゃん……」、「二人で藁にくるまって‟俺たちは最強だ”って言うところが、一番悲しくて一番好きなシーン」と‟妓夫太郎推し”を増やしました。
遊郭編では、堕姫が気にいらない相手をすぐ手にかけるワガママな面が目立ちましたが、妓夫太郎は妹を守る目的に終始していた印象。
そんな強い絆で鬼殺隊を退けてきた二人も、炭治郎らに負わされた致命傷で、いよいよ最期の時を迎え……。
幼少期の声まで演じるすごさはもちろん、今回はひたすら、沢城みゆきさんと逢坂良太さんが心の底から声を絞り出すような‟全力の掛けあい”が視聴者を魅了。
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません