広告をスキップ

何ひとつわからん…『テニスの王子様』新作映画のぶっ飛びぶりがすごい。杉田智和の暴走にも期待?

9月3日に公開される『リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』。

シリーズ初の3DCGアニメ作品として注目を集める一方、解禁された情報にファンからはツッコミが続出しているようです。一体なぜ?

杉田智和さんの参戦に期待!?

新たに解禁となった情報によると、アメリカの「テニスギャング」役として声優の杉田智和さん(ウルフ)・武内駿輔さん(ブー)・竹内良太さん(フー)が参戦。

“テニスギャング”というワードの時点でなかなかのインパクトですが、なんと劇中で越前リョーマとウルフたちのラップバトルが繰り広げられることも判明しました。

設定も気になりますが、杉田智和さんが出演するという点にも注目が集まっている様子。
杉田さんといえばアニメ『銀魂』銀さん役などはっちゃけぶりが目立つ方で、さらに『テニスの王子様』好きでも知られているよう。

そのためかファンからは「杉田さん出るの?その時点でギャグじゃん!笑」「まって、杉田さん参戦で笑っちゃった」「杉田さんはよくテニプリ大好きだから楽しみです!」「やっとですね……」など待望の声が見られました。

ついに時空を超える…

気になるのはラップバトルだけではありません。完全新作となる今回のストーリーでは、リョーマが同級生・桜乃とともにまさかのタイムスリップ。舞台はリョーマの父親が「サムライ南次郎」と呼ばれていた時代のアメリカに移るようです。
ちなみに劇中でキャラクターが披露する歌は、全て許斐さんの作詞・作曲によるもの。

公開まで半年あるにも関わらず情報が大渋滞を起こしており、ファンからも「何1つ意味わからん」「許斐ワールドえぐいなwww」といった声が。

どのような光景が展開するのか、映画公開の日を楽しみに待ちましょう!

IMAGE

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

オタ腐★幾星霜