『呪術廻戦』禪院真希、狗巻棘、パンダの秘めた力とは…2年生ズって結局何者?【呪術キャラの魅力】

掲載/更新 0
IMAGE
また、呪言は地声が届かない相手にも拡声器や電話を用いることで影響を与えることが出来ます。
だからこそ、口にする言葉には細心の注意を払わなければならない術式であり、よく言葉には言霊が宿るという格言を耳にしますが、われわれ読者への注意喚起的な役割も果たしてくれているキャラクターでもあるのです。

ちなみに棘はツナマヨのおにぎりが好物。

その身に呪いを宿した突然変異呪骸・パンダ

呪術高専に通っているのは、人間だけではありません。2年生トリオの中に一人(もしくは一匹)だけ異質な存在感を放ったキャラクターがいます。準2級呪術師のパンダです。

「オレ パンダ ニンゲンノコトバワカラナイ」の名言で知られる通り、パンダは『鬼滅の刃』の伊之助のように被り物を被った人間ではありません。その正体は、呪術高専東京校の学長を務める夜蛾正道が生み出した「呪骸」なのです。「呪骸」とは内面に呪いを宿した無生物。いわば人形のようなものです。
しかしながら、人間で言うところの心臓である核を内部に宿しているため、自立可能であり、時には言葉を話すことも可能になります。
そんな「呪骸」の中でもパンダは特別な存在で、自らの分身のごとく呪骸を操る「傀儡操術」から派生した夜蛾の「傀儡呪術学」によって生み出された、突然変異呪骸なのです。

パンダは内面に3つの核を有しています。パンダ自身のもの、お兄ちゃんのもの、そしてお姉ちゃんのもの。
それらを使い分けることによって、姿が変わったり、ある一部の能力値が上昇したりするのです。

例えば、京都姉妹校交流会での究極メカ丸戦で披露した「ゴリラモード」では、飛躍的に体術レベルとパワーが上昇し、メカ丸を圧倒しました。これは『劇場版 呪術廻戦0』でも夏油傑を相手に披露しましたね。言うなれば心臓が3つあるというのが、最も簡単な考え方です。
現在のところ、「パンダ核」と「ゴリラ核」は明らかになっているのですが、もう一つの核は未だベールに包まれている状態です。一体どんな能力なのでしょうか? 今後明かされる時を期待しましょう。
38 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません