アニメ『ONE PIECE』ルフィの流桜、10年前からの伏線があった!「鳥肌立った…」【第946話】

アニメ『ONE PIECE』ルフィの流桜、10年前からの伏線があった!「鳥肌立った…」【第946話】
アニメ『ONE PIECE』第946話を振り返り! ビッグ・マムを止めるため、イチかバチかで「流桜」を発動したルフィ。実はこの「流桜」、シャボンディですでに登場していた……!? まさかの伏線回収に驚くファンが続出の回となりました。
IMAGE
尾田栄一郎先生原作のTVアニメ『ONE PIECE』(ワンピース)。10月18日に放送された第946話「四皇を止めろ! クイーンの秘策」では、先週に引き続きルフィの「流桜」が炸裂!

ルフィは自分が首輪を破壊したことを、かつてレイリーシャボンディ諸島でやっていたものだと思い出し、「あれは流桜だったんだ」と確信。まさかあの時のあのシーンがここに繋がっていたとは……! と、多くの視聴者を驚かせました。

レイリーの首輪破壊は「流桜」の伏線だった!? 

ヒョウじいと自身につけられた首輪を、「流桜」の力で破壊することに成功したルフィは、かつてレイリーも同じことをしていたと気が付きます。

それはシャボンディ諸島でケイミーがオークションにかけられてしまった時のこと。レイリーは爆発寸前の首輪を手を触れずに壊して、ケイミーを救ってみせました。

今から10年以上前となるシャボンディ諸島での出来事が、ワノ国の「流桜」に繋がっていたことにファンは騒然。

「レイリーがケイミーの首輪を壊したのは、流桜の伏線だったんだ!」「まさかシャボンディで流桜が出てたとは」「こんな伏線気づけないよ……さすがワンピ、鳥肌立った」「レイリーができることを、ルフィもできるようになったってすごいな……!」など、驚きの声が挙がりました。
11 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは