アニメ『ONE PIECE』ルフィの"流桜"覚醒に興奮!「演出がカッコよすぎる…!」【第945話】

アニメ『ONE PIECE』ルフィの"流桜"覚醒に興奮!「演出がカッコよすぎる…!」【第945話】
アニメ『ONE PIECE』第945話を振り返り! 首輪を壊したことで感覚を掴んだルフィが"流桜"をついに体得! 新技を繰り出す演出がカッコいいと話題になりました。
尾田栄一郎先生原作のTVアニメ「ONE PIECE』(ワンピース)。10月12日に放送された第945話「おしるこの恨み ルフィ絶体絶命!」では、ルフィがついに"流桜"を体得しました。

アニメならではの迫力ある"流桜"の演出に注目が集まっています!
「流桜」とはワノ国に伝わる武装色の覇気のこと。覇気の力を一点に流しこみ、集中させることで力を増し、これを使えば相手に触れずとも攻撃をすることが可能になります。四皇・カイドウに傷をつけることができた唯一の人物、おでんもその使い手であったそう。

今までとはケタ違いの強さを誇るカイドウとの対戦を前に、ルフィはこれまでより一段階上の覇気「流桜」を操れるようになりたいと考え、ヒョウじいから教えを受けていました。

ルフィが"流桜"の使い手に!

12 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは