『半妖の夜叉姫』第36話 殺生丸とりん、通じ合う愛に感動…。最終戦は犬夜叉の一族も参戦か?

掲載/更新 0
『半妖の夜叉姫』第36話 殺生丸とりん、通じ合う愛に感動…。最終戦は犬夜叉の一族も参戦か?
『半妖の夜叉姫』第36話「永遠にない場所」を振り返り! 目覚めたりんが、初めてせつなと言葉を交わしました。とわを守ろうと動く殺生丸一家の絆に感動の声が溢れました。また、殺生丸と琥珀の再会もエモかった……!
IMAGE
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』弍の章。第36話「永遠にない場所」では、是露の誘導により、とわの過去が明らかに。

殺生丸一家の絆を強く感じることができた第36話。目を覚ましたりんが初めて娘のせつなと会話をするシーンは特に大きな反響を呼びました。
また、殺生丸と琥珀の再会や、草太の“犬夜叉兄さん”呼びなど、犬夜叉』ファン必見のシーンも。みんなの感想はいかに?

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

りんとせつな、母子の初会話に「号泣」「母上呼び…」

第36話では、りんとせつなの初めてとなる会話シーンが描かれました。

りんたちはもちろん、視聴者もずっと待ち望んでいた念願の再会に「号泣だよ」「ようやくせつなとりんちゃんが会えて嬉しい」「会話してるだけで泣ける……」と感動の声で溢れました。

また、せつながりんを「母上」と呼んだことについても、「殺生丸さまのことは呼び捨てだけどりんちゃんは母上!」と注目が。

これまでの言動からも、母を救いたいという気持ちが強く伝わって来ていたせつな。りんの姿と言葉に、より一層母を助けようという決意が固まったように見えました。
また、りんはせつなに縁を断ち切るだけでは呪いが解けず、是露の心を救わなければならないこと、今とわが危険な状態にあることを伝え、あるアイテムをせつなに託しました

視聴者の間では「胡蝶とか時代樹の精霊の力を借りたのかな」との声も。とわと是露、二人を救うためのキーとなりそうですが、一体何を手渡したのか……。

殺生丸一家の愛と絆を感じた…

23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません